思ってるより簡単!お家で秋田の味「きりたんぽ鍋」のレシピ

寒い日は「きりたんぽ鍋」はいかがですか。思ってるより簡単にできます。気軽に秋田の味を楽しみましょう。やさしい味に心も体もほっこり温まりますよ。

「きりたんぽ」とは秋田杉の棒につぶした新米を巻き付けて、ちくわ状にして囲炉裏(いろり)で焼いたもの。鍋物に入れた「きりたんぽ鍋」は米どころ秋田県の郷土料理です。

秋田の味でほっこり!きりたんぽ鍋のレシピ

最近はスーパーなどで、きりたんぽも専用のスープも売っています。鍋のシーズンには新鮮なせりも手に入りますね。

材料が揃えば作り方は簡単。比内地鶏の濃厚な出汁をベースにした醤油味のスープに、ジュワッと染み込んだきりたんぽは絶品!せりの香りが食欲をそそります。熱々でどうぞ召し上がれ。

材料(3〜4人分)

●鶏肉(もも) 300g
●ごぼう(ささがき) 1本
●里芋 5コ
●舞茸 2パック
●ねぎ 1本
●せり 1たば
●スープ 1袋
●きりたんぽ 3〜5本
●だまこもち(なくてもOK) 6〜10個

作り方

①きりたんぽと『だまこもち』を用意します。
手作りされるなら、ぜひこちらを参考に。簡単レシピをご紹介しています。

だまこもち&きりたんぽ!秋田の味を手づくり簡単レシピ
スーパーなどで売っているきりたんぽは、ちょっとお高め。実は意外と簡単に手作りできるんです。お米を炊いて割り箸を用意するだけ。だまこもちも一緒に作れるレシピをご紹介します。

②ごぼうはささがき、里芋は半分にカットし水にさらします。

③ねぎは斜め切り、舞茸は手で小房に分け、鶏肉は一口大、きりたんぽは斜めに2〜3等分

④せりは5〜6cmにカット。いい出汁が出るので根っこも使います。ものにより、根っこの土が洗っても落ちない時は諦めて捨てます(×_×)

⑤今回使ったのはこちらの比内地鶏スープです。

⑥ごぼうと里芋を水から茹でて、沸騰したらスープを溶かし、鶏肉と舞茸を入れて煮ます。

⑦火が通ったらねぎときりたんぽ、だまこもちを入れて2,3分煮ます(煮過ぎないこと)。

⑧最後にせりを入れて完成♪余熱で煮る程度で

コツ・ポイント

●せりのシャキシャキとした食感と香りを味わいたいので、煮込まないこと。
●きりたんぽは煮すぎると煮崩れするので、その都度、加えながらお召し上がり下さい。
●比内地鶏が理想ですが、わが家では普通の鶏もも肉を使用。十分美味しいです。

まとめ

いかがでしたか。寒い日にぜひお試しいただきたい、きりたんぽ鍋をご紹介しました。家族でも一人鍋でも、秋田の味でほっこり温まりましょう。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。