水なすはそのまま生で食べられる!3分でできる超簡単レシピ!

スポンサーリンク

農家さんがすすめる水なすの超簡単レシピ。みずみずしくて果物のような水なすをそのまま生でお刺身風に。皮が薄くほんのりとした甘味が存分に味わえます。

名前のとおり水分をたっぷり含んでいる水なすはアクが少ないので生で食べれるんです。まずは基本の生レシピ、ぜひお試しを。

スポンサーリンク

水なすのお刺身レシピ

誰でもできる超簡単レシピ。3分でできます!

材料

・水なす 1個
・塩 少々
・かつおぶし 適量

①水なすのヘタに切り込みを入れます。食べやすい大きさにしたいので今回は8等分に。

②切れ目から手を入れると簡単にさけます。きれいにさけなくても大きさが揃わなくても問題なし。不揃いな感じが味わいに。

包丁で切るよりも手で裂いた方が味がしみやすく食感も楽しめます。

③なすを塩水に30秒ほどつけると変色が防げます。

④③の水気をきり、お皿に盛りつけてかつお節をかけたらできあがり♪

わさび醤油でいただきます。余計な味付けは不要。シンプルだからこその素材の旨みを味わってくださいね。他にもポン酢やオリーブオイルと塩だけでもおいしいそうです。

「ナスを生で?」と思いましたが、皮も薄くアクがなくてジューシーな水なす。なす本来の甘味もしっかりと感じられて初体験の味でした。

10分でできる水なすの浅漬けレシピはこちらで↓

スポンサーリンク

水なすって何?

写真左が一般的ななすで、右が水なす。丸っこくてどっしりしていますね。

手でナスを絞ると水滴がタラタラと落ちる事と水を多くやらないと栽培できない事から『水なす』と名前がついたそうです。古くから大阪の泉州地方で多く作られていて旬は5〜8月頃。

測ってみると一般的ななすは120g、水なすは200g超。水分がたっぷり含まれていて重量感が明らかに違っていました。水なすは見た目も味も別物、ぜひ味わってみてくださいね。

まとめ

水茄子をいただくのが初めてだったので、まずは大阪の農家さんがすすめる基本の生レシピ を試してみました。

体を冷やしてくれるナスは夏野菜の代表ですね。とにかく簡単!3分でできる超簡単レシピでこの時期ならではの味を楽しんでみてはいかがでしょう。

テキストのコピーはできません。