りんご大量消費におすすめ!甘さ控えめ簡単りんごジャムレシピ!

美味しいりんごも時間が経つと傷んだり味がぼけてしまったり。そんな時はジャムがおすすめ。大量消費できて保存も可。冷凍もできちゃいます。ひと手間で最後まで美味しくいただきましょう。

スポンサーリンク

ごろごろっとりんごジャムレシピ

りんごは大きめにカットしてごろごろ食感を楽しみましょう。罪悪感なくたっぷり味わいたいので甘さ控えめのレシピにしました。

材料

・りんご 5個(1個約300g)

・砂糖 400g(りんご正味の30%)

・レモン果汁 大さじ4

砂糖は三温糖、りんごは“ふじ”を使用しましたが品種はなんでも◎。作りやすい量でどうぞ。

作り方

❶りんごを洗って8等分にカット、皮をむき芯を切りとる。

❷ ひと切れをさらに5等分にカット。煮ているうちに崩れるので大きめで可。

❸ 切ったりんごに砂糖とレモン果汁を入れさっくりと混ぜたら30分置いておく。

[30分後]砂糖の浸透圧でりんごから水分が出てきます。

❹りんごを放置している間にびんを煮沸消毒しふきんにふせておきます。熱いので注意!

❺③を強火にかけ煮立ってきたら弱火にしフタをしてコトコト。焦げないようときどき混ぜてね。アクが出たらすくいましょう。

30分経過の様子。りんごが柔らかくなり、かさが減りましたがまだ水分が多いですね。

❻混ぜながら様子を見て、鍋の底に水分が少し残るくらいまで煮詰めたらできあがり♪

煮崩れたとこもとろっといい感じ。

熱いうちにびんに入れフタをし、逆さにして冷まします。逆さにすることでフタの殺菌効果があるそうですよ。

スポンサーリンク

りんごジャムを使ったレシピ

ヨーグルトやパンにたっぷりのっけて。シナモンをひと振りするといつもの味がワンアップ!

アップルパイのフィリングに。ここまでできればパイ生地に包んで焼くだけ。焼きたての香りに包まれた贅沢なティータイムはいかがでしょう。

りんごジャムはどれくらい保存できる?

きちんと煮沸消毒したビンに入れると常温で1年くらい保存可能だそうです。ただこれは糖度が40%以上の場合。今回は甘さ控えめなので常温で数ヶ月、フタを開けたら冷蔵庫保存で2週間くらいで食べきりましょう。

ジップロックに入れ冷凍保存の場合は2ヶ月くらいまで可。私はアップルパイ用に小分けして冷凍保存していますがほしいときに使えて便利ですよ。

まとめ

りんご大量消費におすすめ!甘さ控えめ簡単りんごジャムレシピをご紹介しました。

大量だとそれなりに時間はかかりますが、じっくりコトコト煮込むだけ。作り置きできること、そして何より美味しくできちゃうところが手作りの魅力。2個なら20分くらいでOK。ぜひお試しを。

テキストのコピーはできません。