山形だしのめんつゆ簡単レシピ!アレンジ自在でオクラが人気!

きゅうりやなすなど夏野菜たっぷりの「山形のだし」。栄養価が高いねばねば食材のオクラを入れて作りました。刻んで混ぜるだけの簡単おいしい夏の定番料理です。

スポンサーリンク

山形だしの基本レシピ

「だし」は山形県の郷土料理。手軽にできるご飯のお供。それぞれの家庭の味でレシピに決まりがない自由さとおいしさで今では全国的に人気ですね。今回は基本の材料で作ってみました。

【材料】

◦きゅうり 2本
◦なす 2本
◦みょうが 3本
◦おくら 1パック(5本)
◦しそ 適量
◦つゆの素(3倍濃縮) 大さじ4

山形だしの作り方

野菜は細かく刻んでね!

1. きゅうり、なすを5ミリくらいに刻みます。

2. ①のきゅうりとなすを塩水(水600ccに塩小さじ1/2)に5分ほどさらします。

3. オクラをさっと茹でて細かく刻みます。

4. みょうがも同様に。

5. しそはくるくる巻いて切ってからみじん切り。

全部の材料を混ぜるだけ!

6. ②のきゅうりとなすを固くしぼり(ここでちゃんとしぼらないと水っぽくなる)、ボウルに他の野菜とつゆの素も入れて混ぜたらできあがり。

野菜たっぷりで体に良さそう。オクラのねばねばが食欲をそそりますね。

食べ方いろいろな万能だれ。

暑くて食欲のないときもご飯にかけてさっぱりといただけます。豆腐との相性もばっちり!

スポンサーリンク

山形だしのアレンジにおすすめ

「だし」にがごめこんぶを入れる方が多いですが、近くのスーパーになかったのできざみ昆布を購入。刻んで(はさみでカット)入れるとねばねばと旨みが増すそう。より美味しそうですね。

めんつゆの代わりに白だしを使うと上品な仕上がりに。山芋やかつお節、しょうがなどお好みの味にアレンジできるのも楽しいですね。うどんやそうめんにも合う万能な一品。作り置きにいかがでしょう。

まとめ

山形だしのめんつゆ簡単レシピをご紹介しました。

なすは変色するのであく抜きを。新鮮なオクラなら生でも美味しいですよ。野菜を刻んで混ぜるだけなので失敗なし。暑い夏は特に簡単で美味しいものが嬉しいですね。ぜひお試しを。

テキストのコピーはできません。