2019年10月1日〜郵便料金の値上げを一覧表でわかりやすく!

令和元年10月の消費税の改定に伴って、郵便料金も変更になります。1円や2円の値上げでも、少なからず家計に響いてくることは必至なんです。

はがきに関しては「年賀はがき」も今回は値上げ。それでなくても最近では「年賀はがき」を出す人が減ってきたというのに、郵便局も大変な時代になってきたんですね。

2019年10月1日から郵便料金が値上げ

はがきの郵便料金は、2年前2017年6月に「52円から62円10円値上げ」されたのが記憶に新しいところ。今回の消費増税に伴う改定とは違いましたが、郵便物の減少や人件費の問題も話題になりましたね。

さて今回は消費税アップに伴う料金改定。わかりやすく表組みでまとめてみました。

新料額の普通切手、郵便はがき、レターパックなどは既に8月20日から全国の郵便局などで販売されています。

■新・郵便料金 2019年10月1日〜
種類 重量

旧料金

新料金

定形郵便物 25g以内

82円

84円

50g以内

92円

94円

定形外

郵便物

規格内※
50g以内

120円

100g以内

140円

150g以内

205円

210円

250g以内

250円

500g以内

380円

390円

1kg以内

570円

580円

規格外
50g以内

200円

100g以内

220円

150g以内

290円

300円

250g以内

340円

350円

500g以内

500円

510円

1kg以内

700円

710円

2kg以内

1,020円

1,040円

4kg以内

1,330円

1,350円

通常はがき/年賀はがき

62円

63円

往復はがき

124円

126円

※「規格内」は、長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3cm以内および重量1kg以内

郵便に関わる特殊取扱料金も値上げ

特殊取扱料金とは「速達料」や「書留料」「配達証明/内容証明料」などのこと。その中でも私たちの暮らしに関わるものの改定料金を抜粋しました。

種類 料金 料金
速達料 250g以内 280円 290円
1kg以内 650円 660円
4kg以内 650円 660円
現金書留 損害要償額
1万円以内
430円 435円
1万円超 5千円ごとに10円増
現金書留以外
の一般書留
損害要償額
10万円以内
430円 435円
簡易書留 310円 320円

古いレターパック封筒は使えないの?

古いレターパックやレターパックライトの封筒を購入して持っている場合は、不足額分の切手を貼ればそのまま使えますので安心してください。わが家にはかなり昔の500円レターパック封筒があるので、20円分の切手を貼って使います。

レターパックプラス 510円 520円
レターパックライト 360円 370円

値上げに伴うちょっとした疑問を解決!

9月30日の夜に郵便ポストに投函した郵便物の料金はいくらになるの?10月1日にまたいだ料金はどうなるのだろう?などなど、料金改定に伴うちょっとした疑問を詳しく調べてみました。こちらの記事でご覧ください。

  • 古いはがきは使えなくなるの?
  • 9月30日の夜に投函した郵便料金は?
  • 9月に受け取った往復はがきの10月返信は?
  • 国際郵便の料金は変更なし?
郵便も消費税10%! 9月30日から10月1日をまたいだ料金は?
2019年10月1日の消費税10%に伴う郵便料金値上げ。ギリギリの9月30日の夜にポストに入れた郵便物の料金は?古いはがきや切手の交換方法など疑問を解決…

まとめ

テレビの懸賞などで「はがきでの応募」しかない場合は、ちょっとした郵便料金の値上げも気になりますね。最近ではネットでの応募が主流とはいえ、郵便物の減少に拍車が掛かるのではないでしょうか。

当ブログでも人気の記事「結婚祝いや出産祝いを郵送するには欠かせない現金書留」の料金も変更になりますのでご注意ください。

 

テキストのコピーはできません。