アカモク(ぎばさ)の食べ方は?みそ汁など簡単レシピ5選!

テレビ番組や雑誌で話題のネバネバの海藻、アカモク(ぎばさ)はもう食べましたか?

独特の強いネバネバ感とシャキシャキとした歯ごたえ!深い磯の香りが、ご飯のおかずやおつまみにもぴったりです。

健康や美容にいいと人気急上昇のスーパーフード「アカモク」。簡単にできるレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アカモク(ぎばさ)の簡単レシピ5選!

めんつゆやポン酢との相性も抜群です。味付けはシンプルでOKなのも、忙しい主婦には嬉しいポイント。いろいろな料理に合うので毎日の食卓でお楽しみください。

生のものは、湯通ししてから刻んでいただきます。刻んだアカモクはシャキシャキした歯触りと強いネバネバ食感が特長です。
すでに湯通し済みの加工品なら、手軽に楽しめますね。冷凍されているものは自然解凍で。急ぐときは袋のまま水に入れて1時間ほどで解凍できるのでカンタンですね!

ご飯にかけて「ぎばさ丼」

私の一番のオススメはこれ。炊きたてのアツアツご飯に、ぎばさをたっぷりかけてかき込むのがわが家流。

これだけでおかわり必至の絶品丼!

めんつゆと合わせてご飯にかけたら、あっという間に「ぎばさ丼」のできあがり!シンプルだからこそ味わえる磯の香りをお楽しみくださいね。

アカモクのみそ汁

熱いみそ汁に入れて召しあがれ。豆腐やねぎなど、どんな具材とも合いますが、シンプルにアカモクだけでも美味。

発酵食品の味噌とスーパー海藻の健康を考えた美味しいコラボ!心も体も温まります。うどんやラーメンに入れても美味しくいただけますよ。

アカモクの酢の物

あと一品ほしいときのお助け食材。市販のポン酢をかけるだけ。お好みでおろし生姜を添えると味のアクセントに。

冷や奴にかけて

さっぱりと生姜醤油でどうぞ。食欲がないときにも美味しくツルッといただけます。寒い冬には湯豆腐にもいいですね。

大豆タンパクとフコイダンの組み合わせなんて、絶対体に悪いわけがない!

納豆とオクラと混ぜてネバネバトリプル!

栄養たっぷりのネバネバをトリプルで。

女性が大好きなネバネバ成分をふんだんに取り入れたネバネバ三昧!

アカモクと納豆とオクラを混ぜるだけの簡単レシピ。そのままでも、ご飯にかけても美味しくいただけます。山芋を合わせるのもオススメ。

他にも食べ方はいろいろ

シンプルに大根おろしとお醤油で食べたり、お刺身にかけて山かけ風にも。夏はソーメンの薬味にしたり、卵焼きに混ぜても風味がアップで美味しくいただけます。

鮮烈な磯の香りを、あなたのアイデアで自由にお楽しみくださいね。

アカモク(ぎばさ)はどこで買えるの?

最近は大きめのスーパーや物産展で見かけることもありますが、手に入りにくい場合は通販サイトで購入するのが確実。ただし、テレビなどで紹介されるとたちまち売り切れに。

数ヶ月待ちになることも…。

私が購入しているのは「三高水産」のぎばさ(冷凍)。賞味期限は120日。冷凍保存できるので多めに買っても安心ですね。

直サイトより手に入りやすいAmazon↓
三高水産のぎばさ/男鹿ナビ通販ほか業者数社

楽天市場でも買えます。↓
三高水産のぎばさ/秋田・横手の林泉堂

アカモクは栄養たっぷりのスーパーフード!

スーパーフードといわれるには理由があります。アカモクにはミネラル食物繊維がたっぷり。海藻の中でも特に豊富な栄養素を含んでいるのに、低カロリーとは嬉しいですね。

●カルシウム…ワカメの1.2倍
●鉄分…ワカメの5.2倍
●カリウム…ワカメの1.6倍
●亜鉛…ワカメの6.3倍

アカモクのネバネバの正体は?

アカモクの特長はなんといってもネバネバ!自然薯もびっくりの粘りなんですよ。

この正体はフコイダンです。

フコイダンとは食物繊維の一種で、もずくやめかぶ、昆布などに含まれる滑り成分のこと。ヌルヌル成分は体にいいといわれていますが、もずくやめかぶの3〜5倍とは驚きですね!

また、フコキサンチンという成分も豊富で、代謝を助ける働きにも注目が集まっているそうです。

まとめ

アカモク(ぎばさ)のレシピはいかがでしたか。めんつゆやお醤油の力と、素材の味におまかせの簡単レシピ。ネバネバパワーはお子さまからご年配の方にも喜んでいただけると思います。

栄養価が高く、健康と美容にいいスーパーフード「アカモク」をぜひ毎日の食卓にどうぞ。

関連記事

海藻のアカモク(ぎばさ)ってなに?テレビで話題のスーパーフード!
スーパーフード「アカモク」は別名「ぎばさ」と呼ばれている海藻です。低カロリーで栄養たっぷりとテレビなどで話題に。健康や美容にいいってホント?

秋田の味の簡単レシピ記事

だまこもち&きりたんぽ!秋田の味を手づくり簡単レシピ
スーパーなどで売っているきりたんぽは、ちょっとお高め。実は意外と簡単に手作りできるんです。お米を炊いて割り箸を用意するだけ。だまこもちも一緒に作れるレシピをご紹介します。
思ってるより簡単!お家で秋田の味「きりたんぽ鍋」のレシピ
寒い日は「きりたんぽ鍋」はいかがですか。簡単にできるレシピをご紹介!気軽に家で秋田の味を楽しみましょう。やさしい味で心も体もほっこり温まります。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。