りそな銀行で新札に両替!手数料無料の方法と両替機の使い方

[2022年10月最新情報]りそな銀行・埼玉りそな銀行で両替は何枚まで無料?窓口や両替機で新札に両替できる枚数や手数料、両替機のやり方(使い方)もご紹介します。

お祝い事(結婚式や入学式、お年玉)は新札を包むのがマナー。新札への両替は銀行が確実です。予定が分かったら早めに用意しておきましょう。

スポンサーリンク

無料で新札に両替する方法は?

できれば両替に手数料はかけたくないですよね。りそな銀行、埼玉りそな銀行に口座があれば無料で新札に替えられます。

①銀行に設置されている両替機を利用する
②銀行の窓口で両替する

※2022年10月3日より窓口での両替には手数料がかるようになりました。

それぞれについて詳しくご紹介していきますね。

スポンサーリンク

新札への両替は両替機がおすすめ!

りそな銀行、埼玉りそな銀行のキャッシュカードがあれば、
1日1回無料で両替できます。

銀行に設置されている両替機を利用しましょう。手持ちのお札を希望の金種に交換するシステム。新札の指定もできるので、選ぶときに間違えないようにしてくださいね。

両替機の使い方は?

銀行のキャッシュカード、または両替機カードを入れて操作します。用紙を書く手間も待ち時間も少ないので、窓口より簡単便利でオススメ。

●両替機に入金できる紙幣は20枚まで
1日1回10枚まで無料

※無料両替枚数は改訂されるたびに少なくなっています。2019年4月1日より200枚から50枚。さらに2021年1月18日からは50枚から10枚に変更されました。

硬貨両替で1円、5円、10円、50円は棒金のみ。1本は硬貨50枚なので有料(400円)。

キャッシュカードで、同日中に2回目以降の利用はできません
両替機の設置状況や稼働時間は、利用店舗に問い合わせて利用しましょう。
りそなグループ店舗検索

窓口で新札両替は何枚まで無料?

窓口での両替は、両替機の設置有無を問わず、りそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行)のキャッシュカード・通帳の提示による無料の両替は取り止めになりました(2022年10月3日以降)。

りそな銀行、埼玉りそな銀行に口座があれば、窓口で1日1回無料で両替できます。

以前はキャッシュカード・通帳の提示で10枚まで無料でしたが、窓口での両替は1枚から有料に。無料で両替をするなら両替機を利用しましょう(1日1回10枚まで無料)。

窓口で両替する場合は、両替の用紙に必要事項の記入が必要です。また手数料も両替機より高くなりますのでご注意を。

【例】11万円を新札1万×10枚、新札千円×10枚に両替の場合の手数料は
窓口:770円/両替機:400円

新札両替は金種によっては店舗の在庫が不足している時もあると言われました。多く必要な場合は利用店舗に電話で確認が安心ですね。

円貨両替手数料一覧表〈2022年10月3日(月)以降〉

〈口座ありの場合〉
窓口・・・1日1回10枚まで無料

●両替機・・1日1回10枚まで無料
お取扱枚数は、両替後の枚数が基準となります。
※両替機に入金できる紙幣は20枚まで

りそな銀行/埼玉りそな銀行/関西みらい銀行
円貨両替 2022/10/3改定
窓口1〜10枚まで220円
11〜500枚まで770円
501枚〜1,540円
以降500枚ごとに
770円加算
両替機キャッシュカード:10枚まで
両替専用カード:10枚まで
無料(1日1回のみ)
キャッシュカード:11〜500枚
両替専用カード:11〜500枚
カードなし:1~500枚
400円
501〜1000枚800円

両替機を設置していない店舗の窓口でキャッシュカード提示の場合は20枚まで両替が無料になります。両替機の有無は利用する店舗にお問い合わせください。

両替機の手数料は100円硬貨だけの扱いなので、あらかじめ100円硬貨を用意しておく必要があります。

お年玉やお祝いは新札を用意して現金書留でおくりましょう。現金書留の送り方と郵便料金については下の記事でくわしく紹介しています↓

現金書留の封筒のサイズと販売価格については下の記事で詳しく紹介しています↓

まとめ

りそな銀行で新札に両替する方法は両替機か窓口を利用します。両替機は1日1回10枚まで無料(キャッシュカード利用)。窓口での両替や10枚超は手数料がかかります。

りそな銀行が平日17時まで営業しているのは助かりますね。店舗によっては新札の枚数制限をしている場合もあるようなのでご注意ください。

お祝い事は予定がわかっていることがほとんど。新札は早めに無料で両替してしまいましょう。

りそな銀行ATMで大量の小銭は入金できる?の記事はこちらで↓

都市銀行の両替手数料を徹底比較!の記事はこちらで↓

お取扱い枚数は、両替前と両替後のいずれか多い枚数が基準となります。

テキストのコピーはできません。