海藻のアカモク(ぎばさ)ってなに?テレビで話題のスーパーフード!

スーパーフード「アカモク」を知っていますか。「ぎばさ」とも呼ばれ、粘り成分のフコイダンが豊富に含まれていると大注目の海藻です!

低カロリーなのに栄養がたっぷりとテレビなどで話題に。健康や美容にもいいと人気が急上昇のアカモクについて調べてみました。

アカモク(ぎばさ)とは?

「アカモク」はホンダワラ科の海藻です。ワカメやめかぶの仲間で秋田県では「ぎばさ」と呼ばれていて、昔から食べられているものです。

とんでもなくネバネバで、ひとかたまりで持ち上がりますよ!

全国の海で採れる海藻ですが、食用にしていたのは東北地方のごく一部。食べない地域では、流れ藻として網にかかることから「邪魔モク」と呼ばれて嫌われていたのだそう。

それが今ではスーパーフードとして話題に!栄養価が評価され全国に広まっているとは…すごい逆転劇ですね。

アカモクには他の呼び方も?

生は赤色(褐色)ですが、湯がくと鮮やかな緑色に。温かくなると海の藻屑(もくず)となって漂うことから「アカモク」と呼ばれるようになったそうです。

地域によっていろいろな呼び方があるのでここでちょっとご紹介。

●秋田県…ギバサ
●山形県…銀葉草(ギンバソウ)
●新潟県…長藻(ナガモ)
●富山県…ナガラモ
●島根県…ハナタレ

全国の沿岸で採れて旬は冬から春。私が取り寄せている秋田の「ぎばさ」はホームページによると5〜6月に収穫が始まるとあるので、地域によって旬の時期も変わるようですね。

テレビで話題の理由は?

「たけしの家庭の医学」などのテレビ番組でも紹介されていましたが、栄養価の高さが人気です。

私が「アカモク」に注目したのは、テレビでアンジャッシュの渡部さんがご飯のお供として紹介していたのがきっかけ。奥さん(佐々木希さん)に薦められて秋田で初めて食べたときにすっかり気に入り、以来取り寄せていると話していました。

グルメ王とモデルさんのオススメとあっては気にならないわけがありません。さっそく調べました!が、案の定ネットが繋がるわけもなく(パンク状態)、噂が落ち着いた数ヶ月後に予約注文をしてやっとのことでゲット。

アカモク(ぎばさ)はどこで買えるの?


最近は大きめのスーパーで見かけることも。物産展や特設コーナーで購入したこともありました。置いてあればいいのですが、わざわざ探すのは面倒という方は通販サイトで購入が確実ですね。

私が購入しているのは「三高水産」のぎばさ(冷凍)です。賞味期限は120日。冷凍保存できるので多めに買っても安心ですね。
直サイトは売り切れ状態が続いていることが多いので注意。

アカモクは栄養たっぷりのスーパーフード!

スーパーフードといわれるには理由があります。アカモクにはミネラル食物繊維がたっぷり。海藻の中でも特に豊富な栄養素を含んでいるのに、低カロリーとは嬉しいですね。

●カルシウム…ワカメの1.2倍
●鉄分…ワカメの5.2倍
●カリウム…ワカメの1.6倍
●亜鉛…ワカメの6.3倍

アカモクのネバネバの正体は?

アカモクの特長はなんといってもネバネバ!自然薯もびっくりの粘りなんですよ。

この正体はフコイダンです。

フコイダンとは食物繊維の一種で、もずくやめかぶ、昆布などに含まれる滑り成分のこと。ヌルヌル成分は体にいいといわれていますが、もずくやめかぶの3〜5倍とは驚きですね!

また、フコキサンチンという成分も豊富で、代謝を助ける働きにも注目が集まっているそうです。

アカモク(ぎばさ)の食べ方は?

私のオススメは「ぎばさ丼」。めんつゆと合わせてご飯にかけるだけ。生姜醤油でおつまみにしたり、酢の物やみそ汁、うどんなどにかけても美味しくいただけますよ。

生のものは、湯通ししてから刻んでいただきます。刻んだアカモクはシャキシャキした歯触りと強いネバネバ食感が特長です。

すでに湯通し済みの加工品なら、簡単な味付けだけで手軽に楽しめますね。また、冷凍したものは1〜2時間ほどの自然解凍でいただけます。

アカモクの簡単レシピ5選↓

アカモク(ぎばさ)の食べ方は?みそ汁など簡単レシピ5選!
テレビ番組で話題のネバネバの海藻アカモク(ぎばさ)は、みそ汁やアツアツご飯にもぴったり。健康や美容にいいと人気のスーパーフード「アカモク」の簡単レシピをご紹介。

まとめ

スーパーフードの「アカモク」の記事はいかがでしたか。栄養価の高さだけでなく、手軽で美味しいこと、冷凍保存できるのも嬉しいポイント。

ネバネバ感があなたの想像以上かも…。まだ食べたことがない方にも、きっと気に入ってもらえると思います。健康と美容のためにぜひぜひ一度お試しください。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。