風習一覧

享年と行年の違いは?他界した年齢と位牌の年齢が違うのは何故?

亡くなった年齢と墓石や位牌に刻まれた年齢が違うのは何故?享年・行年・没年の違いはあるのか?2歳もプラスされて書かれている場合も…宗派や地域の風習によって違う場合が…

記事を読む

2020年に41歳〜42歳の男性は「大厄」!厄除けや厄払いが必要?

大厄(たいやく)とは厄年の中でも特に注意が必要な年。2020年に数えで42歳(満年齢41歳)になる男性たちが迎える「大厄」に何をすればいいのでしょう。

記事を読む

2020年に32歳〜33歳の女性は「大厄」!厄除けや厄払いが必要?

「大厄・たいやく」とは厄年の中でも特に注意が必要な年。2020年に数えで33歳(満年齢32歳)になる女性たちが迎える「大厄」に厄除けや厄払いは必要?何をすればいい?

記事を読む

2020年に厄年になる男性の年齢は?数え年で何歳?

2020年に厄年を迎える男性は何年生まれで何歳が対象?数え年って満年齢に「1歳」プラスするだけだと思っていない?…など、厄年のことをわかりやすく整理しました。

記事を読む

2020年に厄年になる女性の年齢は?数え年で何歳?

2020年に厄年を迎える女性は何年生まれで何歳が対象なの?数え年って満年齢に「1歳」プラスするだけだと思っていた…など、厄年のことをわかりやすく解説してみました。

記事を読む

五月人形は誰が買う?初節句の準備はどっちの親がするもの?

男の子が産まれて初めての端午の節句。初節句に健やかな成長と幸せを願って揃えるのが「五月人形・鎧兜、鯉のぼり」ですね。 昔ながらの風習ですが...

記事を読む

雛人形は誰が買う?女の子の初節句でトラブルにならないために

地域により「誰が雛人形を買うのか」の風習は異なります。妻の実家から贈るのが一般的なのは、雛人形は嫁入り道具として持参していたのが由来でした。

記事を読む

数え年の計算を間違ってない?厄年や七五三や還暦で迷わないために

「満年齢」に1歳足せば「数え年」だと多くの人が勘違いしているようですが「数え年=年齢プラス1歳」は間違いなんです。生まれた時を1歳として新年を迎えるたびに…

記事を読む

ご祝儀袋の表書きと水引の種類!お祝い別の書き方と基本マナー

慶事(喜ばしい出来事)でご祝儀を贈るときに、のし袋の「表書き」はどうするか迷います。のし袋の風習や水引の意味も覚えておきたいものですね。 ...

記事を読む

お年玉のマナー!金額の相場とポチ袋に入れる新札の折り方は?

もうお年玉は準備されていますよね。今時はどのくらいお年玉をあげたらいいか??迷うところです。お年玉の相場やポチ袋の入れ方など、知っておきたいマナ...

記事を読む

喪中はがきが届いたら返事は寒中見舞いで?文例と時期も紹介

最近は家族葬も多くなり「喪中はがき」で初めてご逝去を知ることも。喪中はがきをもらった時に、返事はどうすればいいのか?いつ返事を出せばいいのか?まとめました。

記事を読む

年賀状の挨拶の書き方を間違えてない?覚えておきたい社会人マナー

上司や先輩への新年の挨拶は「年賀はがき」で、という方に。新年早々うっかり間違った言葉づかいをして恥をかかないために。簡単マナーをまとめました。

記事を読む

年賀状に使う挨拶の言葉は何が正しいの?失敗しない賀詞の選び方

年賀はがきを選ぶ時に、祝いの言葉(賀詞)をイメージだけで選んでいませんか?「謹賀新年」か「賀正」の違いで、目上の方に送ったら失礼になります。

記事を読む

「寒中見舞い」はがきを出す時期はいつ?恥をかかないためのマナー

寒中見舞いはがきは、喪中など年賀状を出せないときの代わりに使うことが多くなっています。いつまでに出すの?など時期や用途を簡単にまとめてみました。

記事を読む

知っておきたい!還暦祝いに「赤いもの」を贈る意味は?

還暦祝いには「赤いちゃんちゃんこ」というイメージ、ありませんか。なぜ「赤」なのでしょうか。赤い色が持つ意味について調べてみました。

記事を読む

テキストのコピーはできません。