招き猫の手の挙げ方の意味は?右手・左手・両手のひみつ←脚だけど

招き猫イラスト

招き猫の手の挙げ方に種類があるのをご存知ですか。それには何か意味の違いがあるのでしょうか。左手を挙げた招き猫、右手を挙げた招き猫、両手を挙げた招き猫…。最近ではカラフルなものやデザインされたものも見かけます。今回は「招き猫の手の挙げ方の違い」について探索しました。

左?右?手の挙げ方で招くものが違う猫たち

招き猫

海外の方々にも「ラッキーキャット」として日本土産で人気の招き猫。あなたのお家の招き猫はどちらの手を挙げていますか。左手を挙げた招き猫、右手を挙げた招き猫、さらには両手を挙げた招き猫…。招くものの違いをまとめました。

左手を挙げた招き猫は「人・客」を招く

左手を挙げている猫は人を招くといわれ、「千客万来」や「縁結び」の招き猫とされます。一説では、左手を挙げているのは雌猫(メス)だといわれています。一般的に招き猫のモデルとなっているのは「三毛猫」で、三毛猫はほとんどがメスだと知ってびっくりしました。

右手を挙げた招き猫は「金・運」を招く

右手を挙げている猫は運を招くので、「金運」や「幸運」の招き猫とされている。こちらは一説によると雄猫(オス)。ということは、三毛猫でいえば稀少な少数派ですね。※招き猫の性別に関しては諸説あり。

両手を挙げている招き猫は?

両手を挙げている猫は、人も金も招いてくれるそうです。「千客万来」で「金運アップ」どちらも呼び込むことを、欲張りすぎて「お手上げ」になるとして嫌う方も多いとか。お手上げに見えないポーズならかわいいですね。性別は不明でした。

招き猫の「手の高さ」にも意味がある?

招き猫の耳より高く手を挙げているものは「手長」と呼ばれ、長いほど遠くの福を招き寄せるチカラがあるというお話しでした。耳より下で手招きしているものは「手短」と呼ばれ、近くの福を招くそうです。個人的には、さりげなく目の辺りまで挙がっている姿のほうが気に入っています。

招き猫の「持ち物」が違うのはなぜ?

招き猫が「小判」を持っている姿はお馴染みのスタイル。豪徳寺の招き猫などは何も持たずに、首に「鈴」を付けているシンプルなもの。実はこれが原型で、胸元の「鈴」が変化して「小判」になったのは昭和20年代後半だそうです。そして「小判」が「大判」にアップグレードしたり多様化してきました。

小判に書かれた文字も、金を招く「百萬両」をはじめ「開運」や「福寿」など縁起の良い言葉がいろいろ。最近では胸にメッセージが書かれたものまであるようです。

最近では、鯛や小槌を持った招き猫や、七福神のような招き猫まで、コレクションも楽しめるようです。

カラフル招き猫には色の意味がある?

招き猫は基本は「三毛猫」ですが、近年は白猫やカラフル猫も誕生しています。風水ブームの影響もあって、祈願ダルマも色とりどりになってきましたからね。常滑の招き猫を参考に風水的なカラーを整理しました。

開運招福
厄除け/魔除け/家内安全
交通安全
合格祈願
縁結び
病除け/無病息災/健康長寿
満願成就/金運アップ
ピンク恋愛成就

本記事でも一部参考にさせていただいた「招き猫百科」は写真もいっぱい。充実した招き猫の本です。書籍版も電子版も用意されています↓

映画ドラマ『猫侍』の招き猫が気になる…

招き猫発祥の地日本一の招き猫スポットを紹介した記事はこちら↓

招き猫三昧のパワースポット!招き猫発祥の地は「恋つづ」ロケ地だった
招き猫発祥の地といえば、関東では「世田谷・豪徳寺」とドラマ“恋つづ”ロケ地の「浅草・今戸神社」。さらに招き猫たちに出会える場所として、常滑や瀬戸の招き猫スポットから、横浜やドラマで会える招き猫情報もご紹介します。 いっぱいの招き猫に会える...

9月29日の「招き猫の日」。2月22日「猫の日」など、2020猫の日イベント3選[関東編]の記事もご覧ください↓

2月22日「猫の日」とは?2020猫の日イベント3選[関東編]
にゃんにゃんにゃんの語呂合わせで2月22日は「猫の日」。今年は「令和2年の2月22日」なので「にゃん×4(シアワセ)」ですね。平成22年の猫の日には、にゃんとぞろ目でお祝い気分だったそうです。今回は2020年の猫の日記念イベント3選をご紹介...

まとめ

どんな福や運を招きたいかで選ぶのもいいですが、パッと出会ったインスピレーションや好みで選んだ招き猫は、いつまでもあなたを癒してくれるはずです。わが家のメインの招き猫は、もう30年も愛されています。

テキストのコピーはできません。