スイカの切り方のコツは斜め三角?甘さを平等に分けて食べやすく!

スイカは場所によって甘さが変わるので、切り方で不公平感が出てしまうことも。大人数でもみんなが美味しい!同じ甘さで食べやすいスイカの切り方のコツをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

みんなが同じ甘さで食べやすいスイカの切り方は?

スイカの甘さを均等に分けるには常に中心から切る(中心から放射状に切る)のがポイント。スイカは中心部分が一番甘く、皮に向かうほど糖度が下がります。ケンカにならないように同じ甘さを楽しみましょう。ではさっそく切ってみますね。

ケンカにならない切り方 その1

❶ 1/8のカットスイカを用意します。ちなみにこの切り方、笑ったときの口のカタチにみえることから「スマイルカット」と呼ぶそうですよ。

❷ 真ん中から少し斜めに半分に切ります。

❸ 半分に切ったものをまた頂点から半分に(一番大きい三角面を半分にカットする感じで)。
❹ 食べやすい大きさまで繰り返します。

きれいな三角すい。これで甘みも均等に分けられて、小さいお子さんも手にとりやすい形ですね。どれも真ん中、ケンカになりません(^_^)v

切っておくとすぐ食べられるのでお手軽で便利。
切り分けたスイカの種を取り皮をカットしたら、タッパーに入れて冷蔵庫へ。食べたいときにパパッと出せる手軽さがうれしいですね!白い皮の部分は塩や塩麹でもんで漬物にするのもオススメ。

ケンカにならない切り方 その2

❶ 1/8のカットスイカを真ん中から半分に。

❷ 半分に切ったものを、頂点から食べやすい大きさに切り分けます。

残りも同様に切ったらできあがり♪

この切り方で、みんなが同じ甘さを楽しめますね。ほぼ同じ大きさ、同じ形に。面はすべて三角形。どれも真ん中、ケンカになりません(^_^)v

ケンカにならない切り方、お店でも発見!
上でご紹介した切り方がお店でも「すいかの美味しい切り分け方」として紹介されていました。丸ごとでも、カットスイカや小玉スイカでもこの切り方で同じ甘さを楽しみましょう。

おまけ:ケンカになりそうな「切れているスイカ」

これは別のお店でみつけた、最初から「切れているスイカ」。なんと皮の部分を割るだけ、包丁いらずとお手軽!すごいアイデアですね。すぐにちょこっと食べたいときにいいかも。

ただこの切り方、私が子どものころに母が切っていた不平等カットなので、どこを取るかで兄弟げんかが始まる予感が・・・

カットスイカを選ぶときのポイントは?

スイカは収穫された時点で成長が止まり追熟しません。しっかりチェックして甘く美味しいスイカを選びましょう。ポイントをご紹介します。

カットスイカの場合

 糖度12度以上

 赤い果肉と白い皮の境目がハッキリしている


 種が黒い(白い種が多いと熟れていない)

 切り口がきれい(崩れていると鮮度が落ちている)

美味しいスイカの選び方と保存方法!見分け方や糖度と栄養の記事はこちら。

美味しいスイカの選び方と保存方法!見分け方や糖度と栄養は?
スイカは当たりはずれのある食べ物。外れてがっかりした経験はありませんか。美味しいスイカの選び方と保存方法を紹介しますのでぜひ参考にしてください。

スイカの栄養が夏バテや熱中症の予防に?

見た目にも涼やかなスイカは日本の夏の風物詩。ほとんどが水分という印象ですが、ビタミンやミネラルなどさまざまな栄養がバランスよく含まれています。

果肉はもちろん、白い皮の部分にまで栄養たっぷり。美味しく食べて夏を乗り切りましょう。

スイカは90%以上が水分で、汗で失われやすいカリウムなどのミネラル類やブドウ糖などの糖質類をバランスよく含んでいることから「食べるスポーツドリンク」といわれているそうです。夏バテや熱中症予防、疲労回復にもぴったりですね

スイカの皮は捨てないで!
アミノ酸シトルリンを簡単に美味しく摂れるスイカの皮の簡単レシピはこちらの記事でどうぞ。

スイカの皮のレシピ!アミノ酸シトルリンを簡単に美味しく!
スイカから発見されたシトルリンは赤い果肉と緑の外皮の間の「白い部分」にたっぷり!美味しく簡単にできる漬け物やジュースなど「スイカの皮のレシピ」を紹介します。

まとめ

みずみずしいスイカには夏の元気の元がたっぷり詰まっています。
ひとりでも大勢でも、スイカの甘みを均等に分けて美味しいスイカで夏を乗り切りましょう。

 

テキストのコピーはできません。