年賀状に使う挨拶の言葉は何が正しいの?失敗しない賀詞の選び方

新年の挨拶もLINEやメールで交わす方が増えていますが、上司や先輩、恩師には失礼のないように「年賀はがき」できちんとご挨拶しませんか。

年に1回のことなので、つい忘れて間違った言葉で年賀状を出してしまったり…。

今回は、恥をかかない「賀詞(がし/祝いの言葉)」の選び方をご紹介します。

賀詞(がし)は相手によって使い分けるのがマナー

目上の方に失礼のない賀詞(がし)は何?

■目上の方に対して使ってOK
「謹賀新年」「恭賀新年」など4文字の賀詞
「謹んで〜を申し上げます」など敬う表現の賀詞

■目上の方に対して使ったらNG
「寿」「福」「賀正」「迎春」など1〜2文字の賀詞

目上の方に使う賀詞には、「謹んで(つつしんで)」や「恭しく(うやうやしく)」など、相手に敬意を表す言葉が入ります。

相手を選ばずどなたにでも使用できる賀詞
謹賀新年
あけましておめでとうございます
新年おめでとうございます

謹んで新春のお慶びを申し上げます
新春のお慶びを申し上げます
目上の方に出す場合
謹賀新年
恭賀新年
謹んで新春のお慶びを申し上げます
目下の人や友人に出す場合
賀正
初春
迎春
ほか1〜2文字の賀詞
親しい人に出す場合
あけましておめでとう
Happy New Year

年賀状の賀詞(祝いの言葉)と意味をご紹介

賀詞(がし)とは祝いの言葉のこと。「謹賀新年」や「賀正」「寿」「迎春」「初春」をはじめ「あけましておめでとうございます」も年賀状で使う賀詞です。

【おすすめ:4文字の賀詞

賀詞(よみ) 意味
  謹賀新年
(きんがしんねん)
謹んで新年をお祝い申し上げます
  謹賀新春
(きんがしんしゅん)
謹んで新春をお祝い申し上げます
  恭賀新年
(きょうがしんねん)
うやうやしく新年をお祝い申し上げます
  恭賀新春
(きょうがしんしゅん)
うやうやしく新春をお祝い申し上げます
  敬頌新禧
(けいしょうしんき)
うやうやしく新年の喜びをたたえる
  慶賀光春
(けいがこうしゅん)
輝かしい新年のお喜びを申し上げます

【おすすめ:2文字の賀詞

賀詞(よみ) 意味
賀正(がしょう) 正月を祝う
賀春(がしゅん) 春を祝う
迎春(げいしゅん) 新春を迎える
頌春(しょうしゅん) 新春をたたえる
慶春(けいしゅん) 新春をよろこび祝う
寿春(じゅしゅん) 春を祝う
初春(はつはる) 春の初め

【おすすめ:1文字の賀詞

賀詞 意味
  賀詞 意味
祝い 新年
よろこび 寿 めでたい

【おすすめ:文章の賀詞

賀 詞
あけましておめでとうございます(明けまして〜)
新年おめでとうございます
新春のお慶びを申し上げます
謹んで初春のお慶びを申し上げます
謹んで年頭のご祝詞を申し上げます

賀詞を使い分けるのは意外と大変かも?

送る相手との関係性で変わる「賀詞」。ただ、プリントしたりデザイン年賀状を購入する時に、賀詞を変えて準備するのは大変です。

そういう時は「相手を選ばずどなたにでも使用できる賀詞」のタイプがオススメ。4文字の賀詞か、敬意が入った文章の賀詞を選べば間違いありませんね。

謹賀新年や賀正とあれば「あけおめ」不要?

「謹賀新年」や「賀正」と書かれていれば「あけましておめでとうございます」は不要。どちらも賀詞なので、同時に使うと意味が重複します。

間違えやすい年賀状の挨拶マナーはこちら。

年賀状の挨拶の書き方を間違えてない?覚えておきたい社会人マナー
上司や先輩への新年の挨拶は「年賀はがき」で、という方に。新年早々うっかり間違った言葉づかいをして恥をかかないために。簡単マナーをまとめました。

まとめ

いかがでしたか。これでもう年賀状の賀詞の使い方で失敗しませんね。

年賀メールやLINEは、手軽ですぐに送れて便利ですが、お世話になっている上司など目上の方には、正しいご挨拶の言葉で失礼のないように年賀状を送りましょう。

 

テキストのコピーはできません。