お年玉は新札で!新札を準備するための5つの方法とは?

お年玉は新札で準備するのがマナーといわれています。交換や両替、新札を準備する5つの方法と、知っておきたいお祝いごとのマナーをご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

お年玉は新札でなくてはダメですか?

お年玉は年の初めのお祝いとして、新札を用意するのがマナーとされています。

お正月の子どもたちの楽しみと言えば「お年玉」ですよね。子どものころ、ふだん目にしないきれいなお札をいただいて、なにかワクワクした気持ちになった記憶はありませんか。お年玉に新札を用意する理由について調べてみました。

お年玉に新札を用意する理由は?

ご祝儀(お年玉・お祝・心付けなど)に新札を用意する理由は、
●新しい門出をお祝いする
●あなたのために、前もって準備をしました
という気持ちを表しているといわれています。

新札はいつも手元にあるものではないので「この日を心待ちに、前もって用意しておきましたよ」という相手への心遣いが伝わりますね。

不祝儀(お見舞い・御香典・御仏前など)に新札は使いません。これは突然の悲しみに対し、用意していたようにみえるという考えからです。

お年玉はポチ袋に入れるときも新札?

お年玉はポチ袋に入れる場合も、シワのない新しいお札を三つ折りにして入れましょう。(四つ折りは縁起が悪いので好ましくありません)

相手が小さなお子さんでも、新年初めのご祝儀はマナーを守って新札で渡してあげたいですね。

お年玉の相場こちらの記事で紹介しています。

お年玉用の新札を準備する5つの方法とは?

1.銀行で新札に両替してもらう


新札を入手するには銀行での両替が確実です。

口座をもっている銀行でしたら、一日一回、無料で数十枚は両替できます。

■銀行の窓口で両替する
両替の用紙に必要事項を記入して、窓口で旧札を新札に両替します。新札を指定して引き出すのもOK。

■銀行に両替機があれば、さらに簡単!
銀行に設置されている両替機を利用しましょう。手持ちのお札を希望の金種に交換するシステム。旧札と新札の指定ができるので、選ぶときに間違えないようにしてくださいね。

銀行の「キャッシュカード」もしくはその銀行専用の「両替機カード」を入れて操作します。用紙を書く手間も待ち時間も少ないので、窓口よりも簡単便利でオススメ。両替機の稼働時間は、ほとんどが銀行の営業時間と同じです。

口座をもっていなかったり、枚数が多いと有料になりますのでご注意を。営業時間が短く(ほとんどが平日の15時まで)、土日祝日は利用できません。

年末年始は銀行が大変混雑します。12月は各銀行とも、お年玉用に新札を多く補充してくれていますが、窓口、両替機ともに大変混みます。

特に12月中旬以降は、窓口の待ち時間が1〜2時間というところも…。時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

2.郵便局の窓口で両替してもらう

郵便局では基本的に両替はやっていませんが、大きい支店だとやっていることも。小さい店舗では、在庫があれば新札に替えてもらえることもあるそうです。

試しに、近隣の一番大きい店舗に行ってみたら…新札に両替できました!所定の両替内訳書(上の写真)を記入し、窓口で両替します。持ち込みの紙幣でも、指定による引き出しでもOK、しかも枚数制限なし(ただし五千円の新券の用意はないとのことです)。さらに、郵便局での両替は業務ではないので手数料はかかりませんでした。

※ちなみに、近所の小さな郵便局3店舗では新札の在庫はなく、両替できませんでした。

店舗により、かなり扱いが異なりますね。無駄足にならないように、大きい支店を選んで、確認してから行くことをオススメします。

3.銀行や郵便局のATMを利用する

土日や祝日、平日の営業時間外は銀行、郵便局の窓口とも利用できませんATMで限度額まで引き出して、新札が出てくる可能性にかけます。(認証登録など特別な手続きをしていなければ、ほとんどの銀行の引き出し限度額は50万円

運がよければ、必要な枚数分くらいは新札をゲットできるのでは…。

【5,000円を引き出すとき】
5千円札1枚ではなく、千円札が5枚出ます。
【一部両替を指定したとき】
1万円分が千円札10枚で出ます。

4.コンビニのATMでねばってみる

銀行や郵便局のATMが営業を終了している時間でも、まだ大丈夫。コンビニがあります!

コンビニのATMでしたら、ほとんどが24時間利用できますので、限度額いっぱいまで引き出して幸運を祈ります。利用料の他に時間外手数料がかかりますので、この出費は覚悟のうえで。

【コンビニのATMで引き出してみました】
1回の引き出し限度額いっぱいの20万円を引き出してみた結果…シワのない比較的きれいな一万円札が5枚入っていました。試してみる価値はありそうですね。

5.デパートや百貨店の文具売り場で聞いてみる

土日や祝日でもデパートや百貨店は営業しています。大手のデパートや百貨店でしたら、文具売り場でご祝儀袋を購入したときに「お祝い用に新札に替えていただきたい」とお願いすると替えてくれることもあるそうです。

店舗により異なるので、電話で確認してから行くとよいでしょう。大晦日まで営業しているのはうれしいですね。

〈それでも入手できなかったときは〉
アイロンで伸ばしてみましょう。折り目の浅いお札を選び、湿らせたハンカチをあてて、様子をみながら低温でアイロンをかけるとシワが伸ばせます。(ホログラムにアイロンが当たらないよう注意)

まとめ

年末はなにかと気忙しいもの。お年玉は早めの用意を心がけましょう。もし新札を用意しそびれたときは、5つの方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

 

テキストのコピーはできません。