知っておきたい!還暦祝いに「赤いもの」を贈る意味は?

還暦祝いには「赤いちゃんちゃんこ」というイメージ、ありませんか。なぜ「赤」なのでしょうか。赤い色が持つ意味について調べてみました。

還暦祝いに「赤いもの」を贈るのはなぜ?

還暦祝いに赤いものを贈るのは、赤い色に厄除けや魔除けの力があると考えられているからです。

また、還暦には生まれ直しという意味があり、暦が一巡し赤ちゃんに戻る(還る)ことから、赤を身につける風習が伝わったといわれています。

還暦祝いに赤いちゃんちゃんこを着る意味は?

「ちゃんちゃんこ」とは子ども用の袖なし羽織のこと。医学が発達しておらず新生児の死亡率の高かった昔は、赤ちゃんに赤い産着やちゃんちゃんこを着せて、無事に育つよう祈る習慣があったそうです。

還暦を新しいスタートとし、いつまでも元気で長生きしてくださいという願いを込めて、赤いちゃんちゃんこを羽織る風習が続いているんですね。

厄除けに赤いパンツがいい?

おばあちゃんの原宿「巣鴨」では赤いパンツがよく売れていて、専門店まであります。厄除けとともに、赤のパワーでますます元気にという願いが込められているのでしょう。

おへその下にある丹田(たんでん)というツボは、東洋医学で全身のエネルギーの源といわれるところ。ここを赤い色で覆うと気の巡りがアップ、心も体も元気になるのだそう。赤の下着で運気も上がるかも。

還暦祝いのプレゼントは赤一色じゃないとダメ?

「赤」を主張し過ぎるものは、いかにも還暦という印象で抵抗があるという方はけっこう多いです。選ぶときはさりげなく赤を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

平均寿命が80歳を超えた今、60歳はまだまだお若くて元気。とはいっても、環境や体調が変わってくる時期です。還暦には赤いものを身につけて注意を払うようにという昔の人の知恵なのかもしれませんね。

赤い色の持つ意味は魔除けの他にもある?

赤には魔除けの意味の他にも様々な効果などがあります。太陽や炎などエネルギーを象徴する赤は、他のどの色よりも視界に飛び込んできます。

神社の鳥居が赤いのはなぜ?

調べてみると、神社の鳥居はすべて赤いわけではありませんが、赤のイメージですよね。赤には目を引き関心を集めるという心理効果もあるそう。赤の印象が強いのはそのためでしょうか。

伏見稲荷大社のサイトによると、鳥居の赤(朱色)は魔除けの他にも神様のお力の豊穣を表す色と説明されています。また朱は昔から木材の防腐剤として使われてきました。実用的な働きもあったんですね。

スポーツで使われている赤の意味は?

赤はエネルギーを感じるアクティブな色です。気分を高揚させて、元気を与えてくれる働きも。

アドレナリンが出て闘争心を駆り立ててくれる色で、スポーツのユニフォームにも多く採用されています。戦いといえば、戦隊ヒーローシリーズのリーダーの色は決まって赤。強くて子ども達の一番人気ですね。

赤の効果は他にもまだある?

明るい色の洋服を着たら気分まで軽くなった経験ありませんか。赤には自律神経に働きかけて、気分が沈んでいるときに活力を与えてくれたり、前向きな気持ちにさせる心理効果もあるそうです。

パワフルで鮮やかな赤は勝負カラーとして、自己アピールするときに着るという人も多いですね。

まとめ

赤は昔から縁起が良く魔除けの意味もあり、さらに運気が上がる色とされているようです。ふだん赤いものを持たない方も、ファッション小物や肌着なら喜んでくれるのではないでしょうか。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。