[高校入学祝い]祖父母からお孫さんに何を贈る?金額の相場は?

かわいい孫が高校に進学するのは喜ばしいニュース。祖父母から合格祝いも兼ねて入学祝いを贈るときに、気になることをまとめてみました。

みんなはどんなものを贈っているのか、どのくらいの金額が相場なのか、贈る時期はいつなのかなど参考になれば幸いです。

高校生になる孫への入学祝いは何を贈る?

祖父母からお孫さんへ、高校入学祝いの1位は「現金」。数ある調査のどれを見ても半数以上の方が「現金」でご祝儀を贈っているようです。

他には学校や新生活で使うものや、自分で欲しいものを選べる商品券やギフトカードなどが人気のようですね。

注意したい点は、父方の親、母方の親、どちらの祖父母からも孫に入学祝いをする場合。両家のプレゼントが被ったり、お祝いの金額に大きな差があっては気になりますね。
贈り物をするときは、事前に子供夫婦に確認して、祖父母同士のプレゼントの重複を避けることをオススメします。

また、入学祝いはお返し(内祝い)がないのが一般的。あまり高額すぎる贈り物は、逆に気遣いさせてしまうこともあるので、気持ちが伝わる程度の金額で十分でしょう。

祖父母から孫への高校入学祝い!金額の相場は?

祖父母から孫への高校入学祝いの金額は、
2万円〜5万円が一般的のようです。

中には、難関な受験を突破したお孫さんへ「合格祝い」を兼ねて5万円以上のご祝儀を贈る祖父母の方もいるようです。

高校受験を応援しながら、合格祈願もしてきたおじいちゃん&おばあちゃん。お孫さんの高校進学はプライスレスな喜びなのでしょうね。
出典:ギフトコンシェルジュ(調査実施:ギフト総合研究所)

入学祝いを贈るタイミングはいつ?

高校受験に合格して、進路が決まったという吉報が届いたらなるべく早く渡すのがベスト。高校の合格発表が上旬あたりなので、3月中頃までには入学祝い(合格祝い)を渡してあげたいですね。

遠方に住んでいる場合は、吉報を聞いたらすぐに電話で「おめでとうコール」や「祝電」を。その後なるべく早く「入学祝い」をのし袋に入れて、現金書留で送りましょう。

新しくなった現金書留封筒はカーボン式ではありません。現金書留の送り方はこちらの記事で紹介しています。

いまさら聞けない現金書留の基礎知識!書き方・送り方・上限額は?
宅配便やレターパックでは送れない“現金”。唯一お金を送れる郵便局の現金書留の書き方から送り方のコツまで。現金封筒サイズや値段、送る際の限度額や手数料もご紹介。

高校入学祝いは誰に渡せばいいの?

お祝いが高額な場合は、子供夫婦(ご両親)に渡すのがいいようです。2万円くらいなら、高校一年生になるお孫さんに直接渡すのでいいのでは。

高校で親元から離れたり、入学準備に出費がかさむ場合は、ご両親の負担を軽減する意味で、ご両親へのお祝いと孫へのお祝いを分けて渡すケースもあるようです。

まとめ

高校に入学が決まったお孫さんには、心からお祝いの気持ちを伝えたいですね。

今回は書籍やネットで調べた相場を参考として書きましたが、金額に幅もあり、ハッキリした決まりはありませんでした。受験でがんばったお孫さんを労って、新しく始まる高校生活にエールを送りましょう。

 

テキストのコピーはできません。