通夜・葬儀・告別式に行くとき迷う?香典袋の書き方とお金の入れ方

通夜・葬儀・告別式に持って行く香典袋の書き方は、どのようにすればいいでしょうか。お悔やみごとのしきたりやマナーは、宗教によって異なります。

香典袋の書き方についてまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

香典袋の「表書き」は宗教によって違う?

香典袋(不祝儀袋)は宗教、宗派により表書きが異なります。宗教がわかっているときはそれに合わせて、わからないときも選び方がありますので、間違えないように注意しましょう。

御霊前・御仏前・御香典の違いとは?

■宗教がわからない場合は
御霊前(ごれいぜん)
「御霊前」は一部を除いて各宗教共通で使うことができます。訃報の連絡を受けたときに確認できればそれに合わせて、わからない場合は「御霊前」とするのが無難です。

■浄土真宗の場合は
御仏前(ごぶつぜん)
浄土真宗では通夜、告別式でも「御霊前」ではなく「御仏前」「御香典」とします。

■仏教だけど宗派がわからない場合は
御香典(ごこうでん)
仏教なのはわかるけど、宗派まではわからないときは、どの宗派でも使うことのできる「御香典」を選びます。

■キリスト教式の場合は
御花料(おはなりょう)

■神式の場合は
御玉串料(おんたまぐしりょう)、
御神前(ごしんせん)

香典袋で、蓮の花が描かれている包みは仏教のみ、十字架や百合の花が描かれている包みはキリスト教のみで使います。

香典袋の「表書き」と名前の書き方は?

水引より上に「表書き」を書きます。
表書きは「御香典」「御霊前」「御仏前」など、参列する葬儀の宗教に合わせて選びます。短冊や封筒にプリントされている場合はそのまま使っても構いません。

水引より下に「送り主の名前」を書きます。
■表書きよりも少し小さめの文字で。
■夫婦連名の場合は、夫の氏名を中央に、その左に妻の名前のみ。
■家族(夫婦と子供)の連名の場合は3名まで。それ以上の場合は、代表者の氏名の左に「他家族一同」と小さめの字で添えます。

香典袋に書く名前は、薄墨の毛筆(薄墨専用の筆ペンも市販されています)で書きましょう。薄墨は涙で墨が薄くなるという、故人への悲しみを表しています。

香典袋の中袋(中包み)の書き方は?

中袋(中包み)とは香典袋の中に入っている、実際にお金を入れる封筒のこと。
お金を入れ忘れたりということがないように、しっかりと確認をしましょう。
※中袋の記入は、毛筆ではなく黒いペンでもOK

【表面】中央に縦書きで、包んだ金額を漢数字の「旧字体」で記入するのが正式。現在では普通の漢数字を使ってもマナー違反にはなりません。
5千円の場合は「金伍阡円」(金伍千円でも可)

漢数字の「旧字体」の書き方
一「壱」、二「弐」、三「参」、五「伍」、千「阡」、万「萬」
【裏面】郵便番号、住所、氏名を書きます。
受け取る側のことを考えて、のちに整理しやすくなるように省略せずに書きましょう。
金額に決まりはありませんが「4」や「9」は「死」「苦」を連想させるので、お悔やみごとには避けましょう。
市販の香典袋で形式があらかじめ決まっている場合は、その書き方に従ってください。

中袋がない場合の書き方は?

香典袋に中袋がない場合は、袋の裏面に必要事項を記入しましょう。裏面の左下に、住所と包んだ金額を書きます。

中袋に入れる現金(古いお札)の入れ方は?

香典袋の中袋に現金(古いお札)を入れます。
お札の肖像画を裏側にし、かつ上側にくるよう入れるのが一般的です。

いろいろ調べてわかったことですが、お札を入れる向きには諸説あります。お札の向き(表裏)、入れる方向に正式な決まりはなく、どのように入れても失礼にはならないそうです。

ただし、複数枚入れるときは相手の方が数えやすいように、お札の向きは揃えましょう。

上包みに中袋を戻す場合は、必ず折り返した外側を向きに重ねて(悲しみを流すように)水引をかけるのがルールです。

香典は新札ではなく、古いお札を用意するのがマナーとされています。新札だと、前もって準備していたような印象を与えてしまうからです。新券しか持ち合わせがない場合は、軽く折目を付けてから入れるといいですね。

まとめ

香典袋の書き方にも決まりがあることがわかりました。マナーも大切ですが、相手に気持ちが伝わるように、のちに管理しやすいように心を配ってお見送りしたいですね。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。