入院のお見舞い金の渡し方|いつ渡す?相場はいくらくらい?

お見舞い金はいつ誰に渡すものでしょうか。入院前や退院後でもいいのか、封筒の選び方からお金の入れ方、書き方までお見舞い金の渡し方についてご紹介します。

特に目上の方の場合はマナーも気になりますよね。いざという時に迷わないように、金額の相場についてもまとめましたのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

入院のお見舞い金はいつ渡す?

病気やケガは突然降りかかってくるもの。お相手の状態や状況でお見舞いのタイミングも変わってきます。お見舞金はお相手の気持ちに寄り添って、思いやりの言葉をかけて渡したいですね。

お見舞い金を渡すのは、 お見舞いに行ったときお会いしたらすぐに渡すのが良いようです。

元気そうに見えても病人は疲れやすいものです。負担にならないよう早く切り上げることも大切ですね。 中にははじめにいただくと恐縮してしまうという意見も。

個人的には、帰り際にさりげなく渡した方がお相手に気を遣わせずに済むように感じますが…。状況に合わせた判断でよいのではと思います。

お見舞いの日にちは病状やお相手の都合もありますので、連絡がつくようであれば様子を伺って。手術後すぐなどは無理をさせてしまうので避けましょう。

スポンサーリンク

お見舞い金は入院の前に渡してもいい?

前もって予定がわかっている場合は入院前に渡しても問題ないそうです。

入院前の準備は何かと物入りに。事前に渡すことで足しにしてもらえるという利点もありますね。

退院後にお見舞金を渡してもいい?

最近は入院期間も短くなっています。お見舞いに行く予定が、すでに退院していたというケースも少なくありません。

遅れてもいいので退院のお祝いを渡しましょう。

名目は「御退院御祝」「御祝」とするのが一般的。退院されてからも療養される場合が多いので「御見舞」としても問題ないそうです。

お見舞い金を入れる封筒はどれ?

お見舞い金を包む封筒は、熨斗(のし)のない袋を選びましょう。水引がなく赤い帯の袋、もしくは紅白の水引の付いた袋が基本です。

水引が付いた袋の場合は、お見舞いでは「結び切り」の水引を選びましょう。

出産祝いや祝い事全般に使われる「蝶結び」の水引はほどけても結び直せるので、何度あってもおめでたいときに使うのがマナー。お見舞いには適切ではありません。

袋の表書きの書き方は、「御見舞」か「お見舞」。下側には送り主の名前を書きます。濃墨の毛筆か筆ペンが〇。サインペンは△。ボールペンや万年筆は使わないように。

お札の向きは、封筒からお金を出すときに紙幣の肖像画が見えるように入れましょう。これには「上向き」「前向きになる」という願いが込められているそうです。素敵な気遣いですね。

お見舞い金の相場やマナーは?

お見舞いにもマナーがあります。失礼にならないよう覚えておきたいですね。

お見舞い金を包むときは「新札(ピン札)」は使わないのが良いとされています。弔事と同様に、新札はあらかじめ用意していたという印象を与えてしまうので旧札を使用しましょう。

お見舞い金は3,000円〜1万円が相場と言われています。

金額に決まりはありませんが奇数にすることが多く、関係性や気持ちにもよりますが、3,000円、5,000円の次は1万円を包むケースが多いです。

  • 親・兄弟・親戚:5,000〜1万円
  • 友人・同僚:3,000〜5,000円
  • 仕事関係:3,000円(有志で出す場合の一人あたり)

目上の方に現金を包むのを避ける傾向があるので、「何が良いか迷ってしまったので、お見舞いの品の代わりに」と言葉を添えて渡してみてはいかがでしょう。

「4」「6」「9」は「死」「無」「苦」を連想させるので避けます。

お見舞い金は「お大事に」の言葉を添えて渡しましょう。お見舞いの言葉の文例はこちらの記事でご紹介しています↓

お見舞いで気をつけたいことは?

以前はお見舞いの定番だった生花、最近の病院では感染症を避けるために持ち込みを禁止している所が多いようです。

生花を持ち込む場合は事前に病院に確認しましょう。 またプリザーブドフラワーは生花のような華やかさがあり、手間もかからず衛生的なことからお見舞い品として人気のようですね。

私事ですが、親が数週間の入院をしていました。限られた空間で単調な毎日。口には出しませんでしたが、不自由でイライラも多かったはず。顔を見せて笑い合ったり、話し相手になってあげるだけでも少しはストレスを軽減できたのではと思っています。

無理に話さなくても、話を聞いてあげるだけで喜ばれることもあるのではないでしょうか。

まとめ

入院のお見舞い金の渡し方について。いつ渡すのがいいのか、相場はいくらくらいなのかまとめてみました。

お見舞い金はお見舞いに行ったときすぐに渡すこと。入院前や退院後に渡しても問題ありません。金額相場は3,000円〜1万円です。

お見舞いは何よりもまずお相手を思いやる気持ちが大切です。お相手の体調や状況に合わせて無理をさせることのないように振る舞いましょう。

テキストのコピーはできません。