無印良品「水ボトル」で誰でも無料の給水サービスを使ってみた!

スポンサーリンク
暮らし

無印良品で誰でも気軽に水がもらえちゃう給水サービスをレビュー。無料でオトク感たっぷりだったので紹介させてください。

マイボトル持参なら無料。「自分で詰める水のボトル」を購入しても190円で繰り返し使えます。給水機の使い方や使ってみた感想もまとめたので参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

無印良品「水」はどこの店舗でもらえる?

給水機の設置は「無印良品 銀座」「無印良品 グランフロント大阪」の他、各地域の拠点となる大型店舗など113店舗。順次拡大し2020年度内に400店舗への設置を予定しています。

まだ設置店舗は少なく私の最寄りにはなかったので、今回は出先で利用してみました。設置店舗はこちら(リンク)で確認できます。また給水スポット検索アプリも便利ですよ。

スポンサーリンク

無印良品の給水サービス|マイボトルでも利用できる?

誰でも気軽に無料で飲料水を詰めることができるサービスです。

マイボトル持参でもOK!

容器は無印の商品でなくてもいいんです。自前の水筒でも可という太っ腹なサービス。私は以前買った無印良品「自分で詰める水のボトル」を持参しました。ボトルを買ったお店には給水サービスがなかったので今回が初体験です。

「自分で詰める水のボトル」の記事はこちらで↓

無印良品の給水機の使い方は?

使い方はとっても簡単。手順に添って進むだけ。わからないときはスタッフさんに聞くと丁寧に教えてくれますよ。初めてでも安心です。

【給水サービスの使い方】

マイボトルを用意。
自分で用意したボトルや水筒でもいいし、店内でボトルを買ってもOK。

①常温水か冷水を選びます。

②1回分の量を選びます。
120ml、180ml、300mlの3種類から選びます。

③給水ボタンを押します。
※止めたいときは再度押します。

給水機を利用するときの注意ポイント

ボトルを購入してそのまますぐに使いたい場合は、給水機でボトルに注水し、一度すすいでから利用しましょう。私が利用したお店は近くに排水場所が用意されていました。

ボトルはビニールに個包装になっていないので誰かが触っている可能性も。そこで、ボトル全体を洗う、もしくはウェットティッシュ等で拭き取るのをオススメ。このひと手間で安心感が全然違うのではと思います。

無印良品の給水機で水を詰めてみた感想

上の写真は冷水300mlを給水したとき。ボトル容量が330mlなのでまだいける気がしますが。

気になる味の感想は…普通の水でした。普通においしい水です。給水機にはフィルターを通した水道水を使用しています。常温と冷水が選べるのが嬉しいですね。

いつも水は持ち歩いていますが、買い物ついでに補給できるなんてラッキー。しかも無料!これは行くでしょ!!

マスクが必需品となりこの夏は特に暑くなること必至。熱中症対策にはこまめな水分補給が大事です。無印良品のエコな無料の水サービス、使ってみてはいかがでしょう。

水ボトルに「隅まで洗えるボトル用ブラシ」がオススメ!の記事はこちらで↓

まとめ

無印良品の無料の給水サービスはプラスティックごみ削減のための取り組み。環境にやさしくとっても便利でお得なサービスでした。

個人的な感想ですが、今の時期は神経質に気を遣うくらいでちょうどいいのではと感じています。衛生面にも十分に気を配って利用したいですね。

給水場所がまだまだ少ないのが残念ですが、お店をのぞくついで…というよりこれ目的で行ってしまいそうです(笑)。

テキストのコピーはできません。