洗濯表示「F」と「P」は家で洗える?ドライクリーニングの表示はどこ?

お気に入りの服を大切に長く着るためにはお手入れが大切です。クリーニングに出すときに確認する洗濯表示のタグ。最近の服に付いている洗濯表示は新しくなって、見慣れていたドライクリーニングのマークがなくなりました。

新しい洗濯表示は平成28年12月から導入され、すでに2年が経過。タグは見てたけど気にせずに、海外の洗濯表示だと思っていました。洗濯表示のPやFは何を意味しているのでしょうか。

洗濯表示「P」や「F」マークの服は家で洗えないの?

「P」や「F」はドライクリーニングの新しい表示。今までの洗濯表示ではマルに波型「ドライ」というマークでした。どうりでドライというマークを見かけなくなったはずです。

ドライクリーニングのマークだとすれば、基本的に家では洗えない?クリーニングに出さないといけないのでしょうか。

洗濯タグに「桶マーク」が一緒に表示されていれば、家庭でも洗濯可能です。詳しくは下の章に書いていますので確認ください。

桶にバツマークがある場合は家庭での洗濯禁止。家では洗濯できないのでクリーニング店に持ち込みましょう。

「P」と「F」の違いって何?

PやFのアルファベットの違いは、ドライクリーニングで使える溶剤の種類。クリーニング屋さんがこのタグを見て洗い方を決めるので、溶剤の種類まで私たちが気にする必要はありませんね。

(P)マーク
パークロロエチレンおよび石油系溶剤でのドライクリーニングができる。

(F)マーク
石油系溶剤でのドライクリーニングができる。

下の表示はドライクリーニング禁止!

新・洗濯表示でマルにバツが付いたマークは「ドライクリーニング禁止」です。

ドライクリーニングは、水洗いに比べて衣類の収縮や型くずれ、色落ち、風合いの変化が少ないのがメリット。でも、汗など水溶性の汚れは落ちにくく、溶剤に弱い素材や加工品、染色品などには向きません。

主なドライクリーニングの対象衣類

  • ドライクリーニングマークが付いている衣類
  • 型くずれしたくないもの
  • 油汚れが付いたもの
  • 水洗い禁止マークが付いているもの
  • カシミア、ウール
  • スーツ
  • プリーツスカート
  • ワンピース
  • コート
  • 麻、シルク
  • レーヨン、キュプラ など

マークの基本さえ知っておけば迷わない?

PやFは「ドライクリーニング」の新しい洗濯表示のマークだということがわかりましたが、知りたいことはもっとシンプル

家庭で洗えるのか、クリーニングに出すのかの見極めだけです。洗濯表示タグを見るだけでサッと判断できるポイントはひとつだけ。

円形マークはクリーニングに出せる!

マークの下線は洗い方の強さを表すもの。線の数が多くなるほど弱く洗う必要があるという意味です。(弱くドライクリーニングできる)

ドライクリーニングしかできない衣類もありますが、全てがダメではありません。一緒についている他の洗濯表示によって、家庭でも洗えるものがあります。

丸いマークと桶マークが両方ある場合は?

ドライクリーニングと同時に桶マーク表示がある洗濯タグの場合はどうすればいいのでしょう。

これは、家庭でも条件(桶マーク)に合わせて洗えるもの。さらに、型くずれしたくない服や素材を大切にしたい時は、クリーニング店に出してドライクリーニングできるという意味。家庭洗いかクリーニングに出すか選べるということですね。

「桶マークにバツ」の表示があるものは、家庭では洗濯できません。ご注意を!

ドライクリーニングと洗濯機のドライコースは別物?

洗濯機の「ドライコース」で「エマール」を使って洗えば、家庭でドライクリーニングできるのでは?という誤解をしていました…私。

おうちの洗濯機の「ドライコース」とクリーニング店の「ドライクリーニング」は全くの別物なんです。ドライコースを「おうちクリーニング」と呼んでいるメーカーもあります。

洗濯機のドライコースは、弱水流でゆっくり回り、衣類に強い力がかからずに洗えるコースでいわゆる「手洗いコース」のこと。溶剤を使うドライクリーニングは家庭の洗濯機ではできません。…確かにそうですね。

なぜ、こんな誤解をしたのか?

過去のエマールの宣伝CMは「♪ホームクリーニング♪」。パッケージには「洗濯表示ドライの衣料に」という謳い文句。さらには洗濯機の「ドライコース」がごちゃ混ぜになって、「家庭でできるドライクリーニング」と思い込んでしまったのですね…。

洗っていた衣類のタグを確認したら、ドライマークと一緒に「桶マーク」もありました。セーフ。ほっとひと安心しました。

知らなかった!洗濯表示の「W」って何?

マルにWの表示は、新たに追加されたマークで「ウェットクリーニング」。クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗い仕上げによる洗濯方法ができるという表示です。これは別の記事でまとめておきます。

洗濯表示の「W」って何?クリーニングか家庭で洗えるか教えて!
洗濯表示マルに「W」は何の意味?家で洗える?クリーニングに出せる?どっちなの…新しい洗濯表示は世界基準と統一されて日本語表記がなくなりました。

まとめ

ドライマークと一緒に桶マークが表示されている服でも、型くずれが心配な場合は専門店に出した方が安心ですね。

型くずれや縮み、色落ちや風合いを損ないたくない服に欠かせないドライクリーニング。汚れによってはウェットクリーニングとの組み合わせで、風合いが蘇ることもあるとか…。

お気に入りの服を長く着るためにも、不安な素材は専門店のプロに尋ねてみてはいかがでしょう。

 

テキストのコピーはできません。