50度のお湯の作り方は?温度計がなくても簡単にできる!

50度のお湯はどうやって作っていますか。温度計がなくても簡単にできる方法があるんです。

チョコレートの湯煎や洗濯の臭い対策、時間のかかるあさりの砂抜きも時短に!いろいろなシーンで活躍するとっても便利な50度のお湯。ぜひ試してみてくださいね。

50度のお湯は温度計がなくても作れる?

給湯器で50度に設定できる場合は全く問題ありませんが、設定できないという方もいるのでは。

湯沸かし器や温度計に頼らなくても、50度(ほぼほぼ)のお湯が作れるって知っていましたか。作り方はとっても簡単!

①ボウルなどの容器に一定量の水を入れます。

②やかんや鍋で同量のお湯を沸かし容器に投入。
水は沸騰すると100度、多少冷めてもOK。誤差は気にしません。

これだけです。これで大体50度のお湯のできあがり。理科の実験ではないのでアバウトで問題なし。私はいつもこの方法で成功しております。

実際に作ってみた結果は?

いつも大体で済ませていましたが、適当過ぎるかな…とちょっと反省、今回は実証してみました。

新兵器の温度計を導入。予算の都合で100円ショップですがちゃんと働いてくれることを期待。

沸騰したお湯が100度、水道水が大体10度〜15度。同量で混ぜると50〜55度くらいに…とほとんどの方が言ってますが実際はどうでしょうか。

まずは水の温度。ボウルに水道水を入れて計測。10度です(上の写真)。2月なので低めですね。

水を入れたボウルに、同量の沸騰させたお湯を投入します。軽く混ぜて計測した結果は…

51度(上の写真)。

ということは、50度前後ですね。

今回は1200ml(各600ml)で試してみましたが、水の量や温度、容器などによっても変わりますので大体の目安にしてくださいね。

あくまでも「ほぼほぼ」で。

50度ってどれくらいの温度?

お風呂は何度くらいで入っていますか。快適と感じる温度は40度〜42度くらいといわれています。これから比べると50度はけっこう熱いですよね。

感触としては、かなり熱いけど手は入れられるくらいの温度です。私は2〜3秒が限度、手が赤くなってしまった…やけどにご注意を。小さいお子さんがいる場合は特に気をつけてくださいね。

ちなみに、草津温泉の源泉は50度近いといわれています。熱くてそのまま入ることはできませんが、水を足すと効能が薄れてしまう…そこで考えられたのが「湯もみ」。温度を下げるだけでなく、湯を柔らかくする効果もあるそうですよ。

50度のお湯はどんなことに使えるの?

生乾きの臭い退治に?

部屋干しの生乾きの臭いや、洗濯しても落ちない臭いは50度のお湯のつけおき洗いでスッキリ。
生乾きの臭いにお悩みの方はこちらを参考にしてみてくださいね。

洗濯物が臭い!生乾きのニオイ対策は50度のお湯だけでいい?
せっかく洗ったのに衣類やタオルが臭い!洗濯物の生乾きのニオイに悩んでいませんか。50度のお湯を使うだけで嫌なニオイを取り除くことができるんです。...

チョコレートの湯煎に

チョコレートの湯煎は絶対に沸騰したお湯でしてはダメ。熱が入りすぎ、風味が飛んでしまいます。湯煎には約50度〜55度のお湯を使いましょう。お湯の量を気持ち多めにして調整を。

あさりの砂抜きが5分でできる?

十分に浸る量の50度のお湯を作ります。そこにあさりを入れ、殻をこすり合わせて洗ったらそのまま5分〜10分放置。水が少し白く濁り汚れが出たら砂出し完了です。

あさりを海水と同じくらいの塩水(塩分約3%)に浸けて、新聞紙をかぶせ冷暗所に最低でも2〜3時間置いておく…という今までの手間は何だったの?というくらいカンタンですね。

加熱しても実が縮まずプリップリ!夕方の買い物でも夜ご飯に間に合いますよ。とにかく時短!

野菜がシャキッと復活する?

数年前に話題になった野菜の50度洗いにも。

葉物野菜を50度のお湯に2分ほど浸けておくだけでシャッキシャキに。野菜のみずみずしさが戻り旨みが引き出されるとのこと。

冷蔵庫で萎びさせてしまった野菜もムダにせずに済みますね。私は野菜しか試していませんが、鶏胸肉もぱさつくことなく美味しくなるそうです。

まとめ

いかがでしたか。温度計がなくてもほぼほぼ50度のお湯は簡単にできました。料理に洗濯に、50度のお湯は忙しい主婦の頼もしい味方です。

これで仕事帰りにあさりが買えますね。よろしければぜひお試しください。

 

テキストのコピーはできません。