家庭での洗濯機洗いの「桶」マークを“手洗い表示”と勘違い?

新しい洗濯表示で家庭洗濯(洗濯機洗い)を意味する「桶」マーク。この桶マークが古い洗濯表示の『手洗いマーク』に似ているので、勘違いしてしまうことがありました。みなさんはご存知だと思いますが、うちの家族が勘違いしないように短い記事にしておきます。今回は「桶マーク」の洗濯表示をサクッとまとめてみました。

洗濯表示の「桶」は家庭の洗濯機で洗えるマーク!

新しい洗濯表示の「桶」マークは「家庭の洗濯機で洗える」という意味の取扱表示。

2016年12月から新しく変わった洗濯表示。その中でも「桶」のカタチの洗濯表示が、古い『手洗いマーク』に似ているので注意しましょう。(手洗いの「イ」がカタカナだったんですね)

いまだに古い洗濯表示のものが混在しているわが家では、洗濯機で洗えるものを主人がせっせと手洗いしておりました。

古いマークでは四角(洗濯機なの?)だった「家庭洗濯のマーク」。新しいマークでは桶のカタチになりました。マークの中の数字は、洗濯する際の水温の上限温度です。

今まで以上に細かい条件の洗濯表示?

桶のカタチになった「家庭洗濯マーク」は、以前より細かい温度設定で表示されています。旧マークでは30℃・40℃・60℃・95℃の4つの温度でしたが、新しい洗濯表示では30℃・40℃・50℃・60℃・70℃・95℃と6温度で細かく分かれています。

さらに、桶マークの下線によって洗う強さが示されています。下線が1本で「洗濯機で弱い洗濯」。下線が2本で「洗濯機で非常に弱い洗濯」ができるという意味です。

桶のマークは他にも2種類!
手洗いには手のイラストが!
40℃を上限として
手洗い
できる
家庭での洗濯は
できない

手洗いはイラストの「手」が目印です。洗濯の水温は40℃が上限とされています。また、桶にバツが付いている場合は、家庭での洗濯はできませんのでご注意ください。

新・洗濯表示はシンプルな5系統

新しい「洗濯表示」は基本記号と付加記号、数字の組み合わせ。基本の記号系統は5種類です。

  • 桶:家庭洗濯の仕方
  • 三角:漂白の仕方
  • 四角:乾燥の仕方
  • 円:クリーニング種類
  • アイロン:アイロンのかけ方

↓ 新しいドライ洗濯表示「F」と「P」の違いは?お家で洗えないの?

新しいドライ洗濯表示「F」と「P」の違いは?お家で洗えないの?
洗濯表示マークのFやPって何?Fの下線の意味は?家で洗えるのかクリーニングに出すものか…これさえ知れば大丈夫!洗濯表示をワンポイントで見分ける方法をご紹介します。

↓ 洗濯表示の「W」って何?クリーニングか家庭で洗えるか教えて!

洗濯表示の「W」って何?クリーニングか家庭で洗えるか教えて!
洗濯表示マルに「W」は何の意味?家で洗える?クリーニングに出せる?どっちなの…新しい洗濯表示は世界基準と統一されて日本語表記がなくなりました。

↓ 白い服を漂白する前に洗濯表示の△三角マークを必ずチェック!

白い服を漂白する前に洗濯表示の△三角マークを必ずチェック!
平成28年12月から新しくなった洗濯の取扱表示。いまだに洗濯タグを見るたびに「三角形のマークは何だったかな?」と調べ返してしまうので、家族も迷わないように記事にしておき...

まとめ

新しい洗濯表示に変わってから3年経った今でも、いまだに古い衣服には古い洗濯表示のタグが付いています。慣れ親しんできた洗濯表示と混同してしまうことがないように、なるべく簡単な説明で記事をまとめてみました。

かつて22種類だった洗濯表示は新しくなり41種類になったようです。これはWTO(世界貿易機関)の協定から国際規格に準拠した対応が求められた経緯だそうです。

ZARAとか輸入衣料のタグで見かけていた洗濯マークと統一されたということなんでしょうね、きっと。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。