新年の挨拶はいつまで?仕事のメール文や1月中の挨拶はどうする?

新年を迎えた喜びは年を重ねる度にありがたく、大切に思えてきます。毎年交わす新年の挨拶「あけましておめでとうございます」はいつまで使えるのでしょうか。

ご近所の方の場合と、仕事場で毎日顔を合わせている方の場合。また仕事先で1月半ばに初めて会う方との場合で、挨拶の言葉に何か違いがあるのか調べてみました。

あけましておめでとうはいつまで言っていいの?

新年の挨拶を交わすのは「松の内(まつのうち)」が明けるまでが基本です。松の内とは、正月の松飾りをしておく期間で、関東では1月7日、関西では1月15日までとされています。※松の内には地域差があります。

御用始めと同じく、企業もおおむね1月4日が仕事始め。松の内でしたら「あけましておめでとうございます」と新年の挨拶をするのが基本。

松の内が明けてからは新年の挨拶はいりません。ただし年が明けてから、初めて1月にお会いする方には「新年のご挨拶が遅れて申し訳ありませんでした」と前置きした上で「本年も宜しくお願いいたします」と挨拶すると、より丁寧な印象をもたれるでしょう。

仕事での新年の挨拶メールはどうする?

仕事のメールは友だちや家族の場合とは異なります。失礼のないように気を配り、言葉遣いにも注意が必要です。新年の挨拶をし、昨年度の感謝の言葉を加えましょう。

[例えば]
謹んで新春をお祝い申し上げます。
旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。
〜本題〜
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ビジネスメールにおいても新年のご挨拶は松の内(1月7日)までにしましょう。松の内を明けてからのご挨拶は「寒中見舞い」となります。

「寒中見舞い」はがきを出す時期はいつ?恥をかかないためのマナー
寒中見舞いはがきは、喪中など年賀状を出せないときの代わりに使うことが多くなっています。いつまでに出すの?など時期や用途を簡単にまとめてみました。

仕事の年始回りはいつまで?

年始回りは通常1月7日までにするのが基本ですが、休暇を取っている相手もありますので、仕事の年始回りは1月15日(小正月/こしょうがつ)までには済ませるのが良いとされています。

アメリカでは新年の挨拶はいつまで言っていい?

アメリカでは“Happy New Year”(HNY)という挨拶は、クリスマスを過ぎてから年明け1月1日まで使われます。日本のような正月休みはなく、年末はクリスマス休暇がメイン。1月2日からは通常の勤務に戻るのが一般的だそうです。

まとめ

新年を迎えたら、仕事も生活も新たな気持ちで始めたいですね。新年の挨拶がきちんとできるひとつ上の大人を目指しましょう。

 

テキストのコピーはできません。