エレベーターにも乗り方のマナーがある?上座や乗る順番は?

エレベーターにも乗り方のマナーがあるって知っていますか。ビジネスシーンに限らず、日常生活でも使うことの多いエレベーター。上座や乗る順番など、正しい乗り方ができているでしょうか。

先に乗る?それとも後から?知っておきたいエレベーターの乗り方のマナーについて図解でわかりやすくご紹介します。

普段の生活にもきっと役に立つと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

エレベーターにも乗り方のマナーがある?

マンションやホテル、商業施設などエレベーターを利用する機会はけっこうありますよね。

いつも何気なく乗り降りしている方が多いのではないでしょうか。実はエレベーターにも席次があって、乗り方のマナーがあります。

懇親会やお祝いの場、親戚の集まりなど目上の方と一緒に移動する機会があるかもしれません。大切なシーンで、上座はどっち?とウロウロ迷わないよう、正しい乗り方を覚えておきましょう。

エレベーターの中にも上座がある?

エレベーターにも上座と下座があります。

私は以前、勧められるまま奧へ進み、後からそこが上座だったと知った苦い経験が…。基本のマナーを身に付けておけばこうした失敗は防げます。相手に余計な気を遣わせることなく、スムーズに案内できるといいですね。

下座は操作盤の前です。その後ろが上座。2番目が上座の横で3番目がその前です。

やはり下座は操作盤の前。車もエレベーターも西洋から日本に導入されたもので、西洋の伝統作法「右上位」もそのまま取り入れられました。そのことから、奧の右側が上座になるのだそうです。

この場合の「右」とはエレベーターの中から見て右側のことを指します。

日本の伝統作法の「左上右下(さじょううげ)」という、左を上位とする考えと異なるので混乱する方もいるのではないでしょうか。操作盤が1ヵ所の場合は下座の後ろが上座と覚えるとシンプルでわかりやすいですね。

滅多に見かけませんが、大きな施設ではエレベーターに操作盤が左右2ヵ所あるケースも。その場合は先ほどの「右上位」の考えから、中から見て左側の操作盤の前が下座になります。覚えておくと、いざという時に慌てずにすみますね。

エレベーターに乗る順番は状況で変わる?

エレベーターの中に人がいるときといないときとでは乗る順番が変わるって、知っていましたか。「相手優先」がマナーと思いがちですが、状況によって順番が変わってきます。

●中に誰もいないときは
「お先に失礼します」と声をかけてから、自分(案内する人)が先に入ります。エレベーターは密室なので、安全確認という大事な役割があるのですね。それから「開」のボタンを押して「どうぞ」と招き入れます。

エレベーター内では相手に背を向けずに操作盤の前に立ち、上座である奧に案内しましょう。

●中に人がいるときは
「開」のボタンを押して「お先にどうぞ」と声をかけて先に乗っていただき、自分は後から乗り下座(操作盤の前)に立ちます。

エレベーターを降りるときは?

降りるときはドアを開け「どうぞ」と声をかけ先に降りてもらいましょう。自分は後で降ります。

操作してくれる方が先にいる場合は、お礼の会釈だけでなく「ありがとうございます」や「失礼致します」などの言葉を添えると丁寧な印象に。

他にも気を付けたいエレベーターのマナーは?

乗り物は「降りる方が優先」なので、降りる方の邪魔にならないようにしましょう。待つときはドアの前を空けて脇で待ちます。

先に利用者がいて、操作してくれる方がすでにいる場合。利用階が押されていないときは「〇階をお願いします」と伝えましょう。操作後には「ありがとうございます」のお礼の言葉も忘れずに。

エレベーターは公共の場であり密室です。聞かれて困る話題は避けましょう。また、つい話が弾んで笑い声や話し声が大きくなってしまうことも。エレベーター内はけっこう響きます。周囲の状況に気を配り迷惑にならないよう配慮しましょう。

電車や病院での電話はNGですがエレベーターでの電話も好ましくありません。「携帯電話の使用はお控え下さい」の注意書きがある時はもちろんですが、ない場合も不特定多数の方が利用する公共の場では避けましょう。

上座へのご案内の仕方は?

上座へは、押しつけにならないようにさりげなく勧めましょう。上座である奧に案内するときは「どうぞ」と声をかけて手を添えるとスムーズですね。

もし、同乗の男性から「レディファースト」の気遣いをしていただいた場合は、遠慮せずに従うのがいいそうです。好意は受け入れてお礼の言葉を伝えましょう。

相手の気持ちを尊重して敬意を払い、立ち居振る舞いすることがおもてなしの基本だと思います。

常識にとらわれ過ぎずに、相手の方が気持ちよく過ごせるように配慮したいですね。

まとめ

部屋やタクシーだけではなく、エレベーターの立ち位置にも上座や下座という決まりがありました。知っておくと、普段の生活の中でもきっと役に立つと思います。

多くの方が利用するエレベーター。混んでいて席次どころではない場合もあるかもしれません。上座のマナーは基本を押さえたうえで、その場に合わせて柔軟に対応できるといいですね。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。