PayPayの残高不足!支払は現金や電子マネーを併用できる?

お買い物の精算の際にPayPayが「残高不足」で困ったことはありませんか?キャッシュレス普及に伴い、コンビニやスーパーでもスマホ決済のPayPay(ペイペイ)が使える場面が増え、レジでのちょっとしたトラブルも…。この不足分は現金で払ったり、他の電子マネーで払えないのでしょうか。

PayPay残高と現金の併用払いはできる?

公式サイトに明記してあるのは、「PayPay残高と他の支払い方法の併用はできません」です。私もスーパーのレジで残高不足で戸惑ったことが何度かあります。その場でスマホのPayPay残高にチャージしましたが、レジ列の後ろの方にも気遣いしながら焦りました。

ところが、ビックカメラで買い物した際にビックリ!レジで現金と併用できると言われました。ここのレジでは手打ちで「現金の支払額」と「PayPay精算額」を入力できるんです。

ビックカメラではPayPay残高不足でも現金併用できる!

また、小さな商店など現金とバーコード決裁を分けて処理してくれる場合もあるようなので、現金併用払いできるかどうか尋ねてみてはいかがでしょう。

[参考]PayPayアプリやYahoo! JAPANアプリを利用して3万円以上を支払う場合は、利用店舗に本人確認書類提示をお願いいたします、と公式の注意書きにあります。提示されない場合は、PayPayでのお支払いを利用できない場合があるとも謳われているのでご注意ください。

PayPay不足分を他の電子マネー等で支払える?

ビックカメラでの支払ですが、PayPay残高と他の電子マネーやQR決済の併用はできません。公式サイトに以下のような注意書きがありました。

バーコード・QR決済(楽天ペイを除く)は、クレジットカード・電子マネー・ビック買取マネー・他のバーコード・QR決済と併用することはできません

つまり、1回の精算で「PayPay残高+メルペイ(ID)」や「PayPay残高+LINE PAY」などの組み合わせ支払はできないということ。ビックポイントの併用はできますが、PayPayでの残高不足を補えるのは「現金」なのですね。

ヤマダ電機ではヤマダポイントとPayPay残高の併用が可能ですが現金併用はできないようです。

PayPay残高とは?残高の種類と有効期限

PayPay残高には4種類あり使える機能が異なります。PayPay残高を銀行口座に出金(払い出し)できるのは「PayPayマネー」のみ。特典やキャンペーンでもらった残高はわりかん機能や送金ができないので注意しましょう。

■PayPayマネー
銀行口座、セブン銀行ATMでチャージしたものや、ヤフオク!/PayPayフリマの売上金がチャージされた残高。銀行口座への出金(払い戻し)、PayPay残高の送金、わりかん機能で友だちに送ることが可能。
■PayPayマネーライト
「Yahoo! JAPANカード」や、「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を利用してPayPayにチャージした残高。PayPay残高の送金、わりかん機能で友だちに送ることが可能。
■PayPayボーナス
特典やキャンペーン等で進呈された残高。わりかん機能や送金は利用できません
■PayPayボーナスライト
Yahoo! JAPAN特典やキャンペーン等で進呈された残高。有効期間があります。有効期間を過ぎると失効します。わりかん機能や送金は利用できません

有効期限のある残高から先に利用されます

PayPay残高払いは有効期限のあるものから先に自動的に使われますので、安心してください。

PayPay残高払いの優先順位は次の順です。
1)PayPayボーナスライト(有効期限60日間)
2)PayPayボーナス(無期限)
3)PayPayマネーライト(無期限)
4)PayPayマネー(無期限)

まとめ

基本的にPayPayで残高不足の場合はクレジットカードや現金併用で不足分を支払うことができないことがわかりました。ビックカメラのように、1回の精算で複数の支払に対応しているレジ(店舗)がもっと増えればいいなって思います。現金を持ち歩かなくてもいい時代は、まだまだ先になるのでしょうか。

PayPay残高を使い切って残高ゼロにする方法の記事はこちら↓

テキストのコピーはできません。