マラサダドーナツ「アグネスカフェ」ハワイで人気の味を浦和で!

埼玉県浦和駅の近くでおいしいドーナツに出会いました。ハワイで50年愛され続けて沖縄でも人気というマラサダドーナツが浦和で買える!

もちもちっとした初めての食感。口コミでも人気の味をレビューします。

スポンサーリンク

マラサダドーナツってなに?

そもそもマラサダドーナツってどんなもの?

「マラサダ」はポルトガルの家庭のお菓子。それが移民によってハワイに伝えられたそうです。

マラサダドーナツはハワイのオアフ島で約50年間、地元の方々に愛され続けた老舗のドーナツ。ハワイ店は閉店し、現在は日本本店の沖縄店浦和店姫路店のみの販売。

ハワイの味が沖縄へはイメージが湧きますが、なぜ浦和だったんでしょうね、不思議…。

スポンサーリンク

マラサダドーナツの種類は?

〈マサラダドーナツ〉各250円(税込)

  • プレーン
  • 黒糖
  • ココア
  • キャラメルシナモン
  • ココナッツ

マラサダドーナツの味は5種類。どれも美味しそうで迷っちゃいますね。

ドーナツの形も不揃いでゆるい感じですが、紙袋のイラストも落書きみたいでゆる〜〜い。

Big MAHALO」とはハワイ語で「ありがとう」という意味だそう。こちらこそ「マハロ!」

平日の午後でしたがすでに3人待っていて、自分用か頼まれものかわかりませんが男性ばかり。たまたまかもしれませんが男性にも人気のよう。

マラサダドーナツの味は?

プレーンとキャラメルシナモンをチョイス。げんこつみたいに不揃いな形がなんかあったかい。

注文してから揚げてくれるのでできたてです。が、今回はテイクアウトで。家で30秒チンしていただきました。

なにこれ!

初めての食感。もっちもち。

私の語彙力では伝わりにくいかもですが、外側は香ばしく中はポンデリングみたいにもっちり…基準がミスド(笑)。ほどよい甘さで思ったよりも軽くて何個でもいけちゃう美味しさ。

1個250円はちょっとお高いなぁと思ったけどこのフワフワもちもち食感は他にないかも。

「アグネスカフェ浦和」の場所は?

お店の名前は『Agnes’ Cafe』アグネスカフェ

2022年1月にオープンしたハワイアンカフェ。浦和駅西口から徒歩3分くらい。居酒屋「力の虹」の小路を入ると見えてくるガラス張りの高い建物「マガザン浦和ビル」。その1階につけ麺「狼煙NOROSHI」、焼き鳥屋、アグネスカフェと並んでいます。

可愛いピンクの壁の小窓からドーナツが買えます。外に置いてあるテーブルとベンチで揚げたてを楽しむのもいいですね。カフェの中でいただくお洒落な食事も美味しそう。

アサイーボウルやパンケーキにも惹かれますね。次回はカフェのランチでハワイ気分を味わってみたいです。

まとめ

浦和でみつけた「アグネスカフェ」のマラサダドーナツをご紹介しました。

マラサダドーナツは不揃いの形も味があってかわいいし、シンプルなところ、甘さ控えめなところも魅力的。ハワイで人気のスイーツをぜひ一度お試しあれ。

テキストのコピーはできません。