きゅうりとみょうがと大葉の浅漬けレシピ|超簡単でアレンジも◎

人気のきゅうりの浅漬けを超簡単においしく!きゅうり、みょうが、大葉、生姜に浅漬けの素を入れてもむだけのさっぱり美味しい簡単レシピ。すぐできるから今晩の一品にいかがですか。

スポンサーリンク

きゅうりとみょうがと大葉と生姜の浅漬けレシピ

「浅漬けの素」だから味は間違いなし。いろいろ試してこの組み合わせが最高でした。

初めてでも失敗なし!

きゅうりとみょうがだけでも美味しいですが、大葉と生姜を入れることで味にアクセントがついてぐっと美味しくなります。

【材料】

  • きゅうり 2本
  • みょうが 2本
  • 大葉 3枚
  • 生姜 適量
  • 浅漬けの素 適量

材料はきゅうりだけでもOK。野菜の種類も分量もお好みで調整してくださいね。

スポンサーリンク

きゅうりをアク抜きするのはなぜ?

きゅうりのヘタ(つる側の先端部分)には蟻酸(ぎさん)という渋味のもとになる物質が多く含まれていて、これがきゅうりのアクです。

アク抜きすることできゅうりの苦味や渋みを軽減できます。

やり方は簡単!ヘタを切って切り口同士をクルクルこすり合わせるだけ。蟻酸を含んだ白い液が出てきます(上の写真)。このひと手間でエグミが軽減されるので、サラダなど生ですぐ食べるときにぜひお試しください。

きゅうりの浅漬けの作り方・レシピ

①きゅうりはヘタをカット。アク抜きするとより丁寧です。私はときどき忘れるけど(笑)

漬物のときはアク抜きなしでも◎

②きゅうりを麺棒などで叩きます。包丁で切るより味がよく染み込み、ワイルドな感じが楽しい。

バンバンいっちゃってください。

③みょうがは縦半分に切ってから千切りに。

④大葉はくるくると巻いてから切りましょう。

⑤生姜も千切り。細い方が口当たりがいいです。

⑥切った野菜を全部ジップロック(ビニール袋でも可)に入れます。

⑦そこに浅漬けの素を適量入れます。時間が経つと野菜から水分が出るので1/3が漬かるくらい。

できるだけ空気を抜いて閉じ、袋の上からもみもみ。全体が馴染んだら冷蔵庫で放置。

⑧1時間ほどおいたらできあがり。

漬け時間はお好みですが、私は半日おいたくらいが味がしみてオススメ。しっかり漬かった次の日も美味しいです。

スポンサーリンク

きゅうりの浅漬けのアレンジ

野菜にエバラ浅漬けの素を入れてもむだけなので、誰でも簡単に美味しくできます。

きゅうりは叩くがポイント!

冷蔵庫にある野菜でちゃちゃっとできるのがいいところ。

  • きゅうりと大葉
  • きゅうりとみょうがと生姜

組み合わせはなんでもいいのですが、大葉か生姜を入れるとパンチがきいた味になります。苦手な方は入れなくても◎。やさしい味が楽しめます。

まとめ

きゅうりとみょうがと大葉と生姜の浅漬けレシピをご紹介しました。

市販の素だから味は間違いなし。簡単に美味しくできて家族にも好評の逸品です。暑い夏は特にオススメ、ぜひお試しくださいね。

テキストのコピーはできません。