秋田新幹線こまち車内のWiFiや電源は無料?JRフリーWiFiと座席コンセントの使い方

秋田新幹線「こまち」の車内でも利用できるFREE Wi-Fi(フリーワイファイ)の使い方のご紹介です。名称は「JR-EAST Free Wi-Fi」で、もともとは東京オリンピックの訪日外国人観光客向けに準備されたJR東日本のフリーWi-Fiです。秋田新幹線をはじめ東北新幹線、山形新幹線でもFREE Wi-Fiのステッカーがある車両で使えます。

また、スマホの充電やパソコンの電源に使える座席のコンセントも紹介します。

スポンサーリンク

新幹線の車内でもWi-Fi接続!無料で使えます

JR-EAST Free Wi-Fiは駅構内や新幹線車内などで、無料でインターネットが利用できます。

訪日外国人観光客向けだったのですが、誰でも無料で使えます。(1回3時間まで/再エントリーで何回でも利用可能)

JR-EAST Free Wi-Fiを使える車両は?

東北新幹線E5系(はやぶさ、はやて、やまびこ、なすの)、秋田新幹線E6系(こまち)、山形新幹線E3系(つばさ)で無料のWiFiサービスを利用することができます。FREE Wi-Fiのステッカーがある車両で利用可能。

JR-EAST Free Wi-Fiを利用できる場所は?

JR東日本の駅/東京モノレールの一部の駅/JR EAST Travel Service Center/成田エクスプレス車内 /JR東日本の一部の新幹線車内(公式ステーションリストPDF 2022.6.1:英語

スポンサーリンク

JR-EAST Free Wi-Fiの利用方法

専用のアプリをインストールする必要もなく、メールアドレスを登録するだけですぐに使えるのでカンタンです。もちろん「無料」です。

  1. スマホやパソコンのWi-FiをON
  2. ネットワーク一覧から「JR-EAST FREE Wi-Fi」を選択
  3. ブラウザを起動し、画面の指示に従って進む
    (規約などに「同意する」)
  4. メールアドレスを登録
    初回のみメールアドレスの登録が必要

車内でYouTubeやネット動画を視聴できるスピードですが、Wi-Fiの利用者が多いと速度がかなり遅くなります。旅先の情報検索などに使うのが基本ですね。

また、秋田新幹線は、東北新幹線区間や盛岡から秋田への在来線区間にも多くのトンネルがあり、Wi-Fiが途切れやすいので、データの送受信時は注意しましょう。

FREE Wi-Fiは公衆ネット接続なので、セキュリティは確保されていないと割り切りましょう。
ネットバンキングやショッピングなど、パスワードやクレジットカード情報を入力するのは避けた方がいいと思います。

座席のコンセントでスマホ充電もOK

秋田新幹線こまちの座席には電源コンセントがあります。

グリーン車は全席、普通車は窓側の席の足下にあります。秋田新幹線は全席指定なので、窓側席(A席かD席)を選ぶといいでしょう。

コンセント位置が窓側の足下なので、刺したACアダプターなどを忘れて降りないように注意です。

まとめ

公共交通機関のWi-Fiサービスは、もともと東京オリンピックの訪日外国人観光客に向けたサービスだったので、サービス終了の動きがあります。東京メトロ車両内で使えたフリーWi-Fiも6月30日をもってサービス提供が終了しました。残念ですが、セキュリティ面や維持費で廃止されているのだと思います。

テキストのコピーはできません。