大曲の花火-春の章-2019 日程と見所!5月の秋田で世界の花火

写真提供:大仙市

夏の全国花火競技大会「大曲の花火(おおまがりのはなび)」は、毎年70万人超えの人々が訪れる日本三大競技花火大会。一流の花火師たちがプライドを懸けて魅せる芸術花火は圧巻です!

毎月1回は花火があがるという大仙市(だいせんし)は花火の街。近年では、最大級の夏の競技花火大会に加えて、春・秋・冬の花火ショーが開催されています。世界の花火師と日本の花火師が織りなす春の章を体験してみませんか。

この記事は「春の章」についてです。
2019年 夏の大曲花火はこちら↓

大曲の花火大会2019夏!行く前に知っておきたい7つの注意点
夏の全国花火競技大会「大曲の花火(おおまがりのはなび)」は、毎年約80万人の人々が訪れる日本三大競技花火大会のひとつ。一流の花火師たちがプライド...
大曲の花火2019夏!河川敷駐車場はテントも車中泊も禁止に?
2019大曲の花火大会は河川敷駐車場でテント設営&花火鑑賞できるので、全国のキャンピングカーや車中泊の人にも人気。ところが今年は駐車場でのテント設営や車中泊が禁止に…。

大曲の花火〜春の章〜の日程決定!どんな大会?

2019大曲の花火-春の章-PV

いよいよ今年も昨年に引き続き「大曲の花火-春の章-」の開催が決定しました。

開催日:2019年5月11日(土)
時間:19:00〜20:20 開場16時予定

打上玉数:約8,000発

上の動画は、2019年「大曲の花火-春の章-」の公式PVです。花火好きな私は、観るだけでゾワゾワっとして気持ちがはやります。ぜひ観てみてくださいね。

世界と日本の花火が息つく間もなく次々と競演!

2016年に第16回国際花火シンポジウムのプレ大会として始まった「春の章」。世界で活躍する海外の花火業者と日本トップクラスの花火師さんとの競演は見逃せません。

今年の海外花火は、1739年にフランスで創業した長い歴史があるフランス・ルジェリ社。

日本の花火とは違った演出方法や最新技術で、視野に収まりきれないスケールの花火ショーが雄物川河畔で繰り広げられるはず。めったに観られない世界の花火に期待が膨らみますね。

特に今年は、新元号に変わって初めて開催される「大曲の花火」となる春の章。何かしら特別な企画や演出がされるのではないかと楽しみです。

大曲の花火の感動は打ち止め後も止まない!

写真提供:大仙市

大曲の花火は、雄物川の河川敷が開催会場です。観覧席から対岸の西山に反響した花火の音が観ている人の丹田(たんでん)にまで轟き渡ります。これが「大曲の花火」ならではの花火に包まれる臨場感!ぜひ会場で体感して欲しい…。

打ち止め後も感動は止まりません!毎回繰り広げられる「大曲の花火」の象徴的なシーンは、花火師さんたちと観客との光のエール交換。

ペンライトやスマホの光を振って感謝の気持ちを伝える観客たちに、花火師さんたちが対岸で赤いトーチで答えてくれます。ここでしか味わえない一体感に感激!

春の花火会場は夏とは違う!服装も考えて

花火会場は雄物川の河川敷で冷え込みます。夜は寒いので防寒対策を忘れずに。また、前日・当日の天候によっては、足下が悪い場合もあるので履き物を考えてくださいね。

参考までに、秋田の5月11日×5年分の過去気温を平均してみました。最高気温16度くらい最低気温9度くらい。大曲は秋田より内陸の豪雪地帯で、河川敷はもっと体感温度が低くなります。参考にして当日の服装を準備してくださいね。

大曲の花火-春の章-2019の概要

夏の大曲の花火は、昼花火・夜花火と4時間にわたり約1万8,000発の花火が打ち上げられ、視界に入りきらないほどの大スケールです。

春の章は約8,000発ですが、そのスケール感や感動の度合いは夏の大会に劣ることはありません。

むしろ、70万人超の夏の花火大会のような混雑もなく、心ゆくまで空に描かれる最高峰の花火を堪能できます。一度観れば二度と忘れられない花火になることでしょう。

大会名称 大曲の花火-春の章-
「世界の花火 日本の花火」
開催日 2019年5月11日(土)
時間 19:00〜20:20(開場16時予定)
開催場所 秋田県大仙市雄物川河畔
「大曲の花火」公園
打上玉数 約8,000発
料金
※税込
観覧会場内はすべて有料
当日/有料自由観覧エリア
 入場料のみ 1,000円
前売り/有料イス観覧エリア

 有料イス席券(入場料込)3,000円※すべて小学生以上は有料となります。
※小学生未満は保護者同伴に限り入場可。
※席が必要な場合はチケット要
※チケットは現金でのご購入となります。
当日有料席 イス席の残がある場合は、イス席入場口付近で現金販売。別途入場料1,000円がかかり実質4,000円になります。
主なプログラム
※内容変更の場合あり
1.オープニング花火
2.世界の花火(海外花火師)
3.日本の花火(国内と地元花火師)
4.大玉割物競演
5.フィナーレ花火
天候 雨天決行
※荒天の場合は順延、協議後に開催日決定
アクセス JR大曲駅から徒歩30分
秋田道大曲ICから車で10分
駐車場
交通規制
一般駐車場 8ヵ所
マップ参照(リンク)
トイレ 会場に仮設トイレ
コンビニ前売り
※税込
販売期間:
2019/1/15(火)10:00 〜 2019/5/9(木)23:59
有料イス席:3,000円(入場料込)
■ローソンチケット
■チケットぴあ
■イープラス
大曲での前売り
※税込
販売期間:
2019/1/15(火)10:00 〜 2019/5/10(金)
有料イス席:3,000円(入場料込)
■大曲商工会議所2階(窓口)
営業時間:9:00〜17:00
(土日・祝日を除く)

■JR大曲駅2階観光情報センター
営業時間:9:00〜17:00
(土日・祝日も購入可)
※チケット販売は現金のみ
※購入後の変更・キャンセル・返金等なし

内容は変更になる場合もあり。参考:大曲の花火 公式サイト 

宿泊プランを比較するなら
「トリバゴ」がオススメ!

トリバゴで宿泊プランを一括比較
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』(リンク)は旅行先と日付を入力するだけで、いろんな宿の宿泊プランが一度に比較できるので便利です。

大曲の花火─春の章─
駐車場・交通規制マップ
(クリックで大きく表示)

参考:観覧エリア会場配置図
(2019年版)

昨年度の2019観覧エリア・イス席配置図(リンク)はこれを参考にどうぞ。トイレの位置なども参考に。2019年度版が発表されたら最新版に更新しますね。

帰りの列車時刻表←こちら

大曲の花火 大会会場

秋田県大仙市雄物川河畔「大曲の花火」公園

花火伝統文化継承資料館
はなび・アムのご紹介

2018年8月に開館した花火のミュージアム(博物館)「はなび・アム」
入館無料/月曜休館/JR大曲駅から徒歩10分

まとめ

秋田県大仙市の「全国花火競技大会(大曲の花火)」の実行委員会の発表で、2022年にも国内外の花火業者を集めた「国際競技大会」をスタートさせる考えだと聞きました。

日本のものづくりの精神がいかんなく発揮された日本の花火。その花火で世界とつながる期待を胸に、大曲の花火-春の章-2019を楽しんでみてはいかがでしょう。

手づくり簡単!きりたんぽ・だまこもちレシピ

 

テキストのコピーはできません。