河津桜まつり2019の見頃は?混雑状況やライトアップ情報も

早咲きの河津桜と言えば、やはり本家本元の伊豆半島・河津町(かわづちょう)でお花見したいですね。

いち早く春の息吹を感じることができるのが、この河津町で毎年開催されている「河津桜まつり」。今年、平成最後となる河津桜まつりの日時が発表され、例年通りのマップ配布も始まったので、ここで見頃のことや会場情報などをまとめておきます。

河津桜まつり2019年の日程が決定!

2019年(平成31年)「河津桜まつり」の開催期間は2月10日(日)〜3月10日(日)になることが発表されました。オープニングセレモニーや夜桜ライトアップなど、今年も楽しみです。

河津桜と言えば、ソメイヨシノの淡く繊細な桜イメージとは違い、濃いピンク色の大きな花びらで、力強く咲くイメージ。

ここ河津町は、河津川沿い約4kmに渡る両岸に約850本の河津桜が植えられていて、遊歩道の河津桜トンネルが圧巻です。

毎年100万人前後の人出がある人気の場所なので、混雑は避けられません。開花状況にもよりますが、今年は2月23日(土)・24日(日)あたりが混雑のピークになりそうですね。

見頃はいつ?河津桜まつり2019年の予測

河津桜は1月下旬からつぼみが吹き始め、例年の見頃は2月中旬から下旬にかけて。3月になると葉がではじめます。

満開の時期はおよそ1週間。開花情報をチェックして、5〜6分咲きのタイミングが見頃ではないでしょうか。

見頃には、見渡す限り河畔がピンク色に染まる絶景。夜には名木もライトアップするなど、河津桜まつり期間中は賑わいます。

開花状況は、2月10日から河津桜まつりホームページ(リンク)で毎日更新されますので、こまめにチェックしてタイミングを計るのが最善策ではないでしょうか。

速報:2/9 更新
開花予測が発表!河津川沿い桜並木は2分咲きが2月11日、見頃とよばれる7分咲きは2月20日頃だそうです。〜静岡県伊豆農業研究センターによる開花予測

電話でも情報提供されています。

河津桜開花情報ダイヤル〜開花情報専用
電話番号 : 0558-34-1560
1~3月は24時間自動音声
2月10日~3月10日は毎日更新

桜や紅葉も、確実な日にちが断定できないのがもどかしいですが、もし例年より暖かい日が続けば、河津桜の開花時期も早まります。上のダイヤルに電話しましたが、開花間近にならなければわからないようです。

いったい今年2019年の2月・3月の天候概況はどんなものでしょうか。

2019年2月の気温は?開花は早い?

12月末に気象庁発表の季節予測「3カ月予報」によると、「2019年2月の太平洋側は、低気圧や前線の影響を受けやすく、平年に比べ晴れの日が少なく、気温はやや上がり気味」、関東甲信越は「気温は、平年並または高い確率ともに40%」ということ。

気温が上がり気味となると、2月の中旬には「見頃」になるかも知れませんね。ただ、自然の営みはなかなか予想通りにならないことが多いのも事実です。

昨年のことですが、2018年は2月22日に伊豆スカイラインは積雪で通行規制。その翌日には、規制解除されましたが、なんと3月21日の春分の日には大雪で通行止めにもなりました。特に車でアクセスする方は、天気のチェックも忘れずに、安全運転してくださいね。

公衆トイレとライトアップMAP公開

第29回 河津桜まつりの公式お花見マップを少し加工して、トイレの位置や駐車場、ライトアップ場所をオリジナルマップにしましたので公開します。あくまでも個人仕様のマップです。スマホの画面では、ピンチアウトで拡大できます。

トイレは行けるときに行くこと

トイレは仮設・常設トイレが何カ所かありますが、寒いと混雑するうえ数に限りがあるので、早めに済ませておきましょう。利用したトイレは比較的にきれいでした。

夜桜ライトアップ

河津桜まつりで人気のイベントは夜桜ライトアップですね。ライトアップされる場所は、マップ内の黄色い円で囲った辺り。

【期間】2月20日~3月3日 18時~21時
河津駅前の館橋より下流のライトアップ、峰温泉豊泉橋(ほうせんばし)~踊り子温泉会館裏のライトアップ、ループ橋下ライトアップ、名木のライトアップがあります。

駐車場について

上のマップとほぼ同じですが、おすすめ駐車場を示した駐車場マップ(リンク)も公開しています。普通車の方は参考にどうぞ。

【日中】
8時30分~17時 1台/700円
民間駐車場は料金に幅があるので、確認してから利用しましょう。
【夜間】
2月20日~3月3日 18時~21時 1台/200円
夜桜見学用の駐車場2ヵ所は、河津町内に宿泊する方は駐車料金無料です。宿で券をもらってください。
【無料駐車場】
数カ所あります。詳しくは駐車場の記事のここで(リンク)

土日は混雑するだろうけど平日は空いてる?

河津桜が見頃になった土日は、朝早くから道路も渋滞がはじまります。町や桜並木も人混みで賑わうのは必至。だったら、お休みを取って平日にお花見すればいいのでは?!

土日ほどではないですが、やはり混んでます。みんな有給とってきているのでしょうか。年輩の方々も多いですが…。

ちなみに、中国の「春節」もこの時期。2019年は2月4日から2月10日までだそうですが、長いお休みを取った方のために河津桜を観光する中国語ツアーもあるようです。平日も混雑は避けられないと思っていた方がいいですね。

車でのアクセスには渋滞と満車はつきもの

毎年のことですが、河津町の道路も駐車場も混み合います。あっちこっち満車でグルグルと探し回る時間ももったいないですよね。これを避けるために、わが家が使っている駐車場を公開しました。ただし、会場の中心からは遠いですけど。

わが家が使う駐車場と散策コースを紹介した別記事はこちら(リンク)

まとめ

「河津桜」は、一本の原木から挿し木で増やして、堤防に植え始められたのが昭和50年代。

原木は高齢なので、いつまで花を咲かせてくれるか心配です。さらに、川の堤防両岸に植えられている桜たちにも高齢化の波が押し寄せています。

改定された河川法で、堤防土手には木を植え替えられなくなった現代では、桜の木が倒れてしまうと、同じ場所に新しい桜を植えることはできないそうです。

「近い将来には、この風景も一変してしまうかもしれない」と河津町のご老人に聴きました。美しい名木や圧巻の河津桜トンネルを、ぜひ美しいうちに満喫してくださいね。

関連記事
河津桜まつり2019!駐車場マップとアクセスの渋滞混雑は?
車でのアクセスには2月の積雪や道路閉鎖に注意。2019河津桜まつりのオリジナル駐車場マップも公開。トイレの場所やおすすめMyコースもご参考にどうぞ。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。