スポンサーリンク

ウイルス対策|無水エタノールは殺菌消毒に使える?消毒用との違いは?

無水エタノール

新型コロナウイルス対策でマスクやハンドソープと共に「消毒用アルコール」関連商品が品薄状態です。というか消毒用エタノールも棚から消えてしまいました。

わが家にはかつてから別の理由で「無水エタノール」の備えがありましたので、これを消毒用アルコールとして活用しようと思います。

スポンサーリンク

無水エタノールと消毒用エタノールの違いは?

エタノールはアルコールの一種で別名エチルアルコール。揮発性の無色の液体です。その「エタノール」製品には基本的に3種類あり、エタノールの濃度の違いで呼び方が異なります。

  • 無水エタノール──99.5vol%以上
  • エタノール────95.1~96.9vol%
  • 消毒用エタノール─76.9~81.4vol%
vol% は「体積での濃度、体積パーセント」という単位。一般的な私たちは「何パーセント」という言い方ですね。

無水エタノール

わが家にあるのは掃除やカビ対策用に使っていた「無水エタノール」。下の写真のようにボトル裏書きでは「清掃」的な用途が書かれています。
これは清掃用にしか使えないのでしょうか?濃度が違うだけなら薄めれば使えそう…。

無水エタノールは「消毒用」には使えないの?

結論から言いますと「希釈すれば消毒用と同じように使えます

消毒用は、使う時にしみこんでいくスピードや揮発する時間などが殺菌効果にあわせて考えられているそうです。確かに無水エタノールだとあっと言う間に揮発して乾きます。

メーカーでは(医療的)精製水で薄めるとありますが、一般的に家庭で「手指消毒用」に使うなら「水道水で問題ない」そうです。
実際わが家はこの方法で80%前後に希釈して、使い切った他の携帯用スプレーボトルに入れて使っています。

無水エタノール

「消毒用エタノール」は濃度が80%前後(76.9~81.4vol%)で、最も消毒効果が優れていると言われてます。一方「無水アルコール」は、ほぼ100%に近いアルコールなので、清掃に適したものと言われています。

無水エタノールは使い途いろいろ!デメリットは?

無水エタノールがあれば、消毒にも清掃にも化粧水にも使えるので万能なのでは?ドラッグストアでチェックした方はご存知だと思いますが「高価」です!

その理由は酒税!無水エタノールと消毒用エタノールは値段が高いです。「みりん風調味料」と「本みりん」の税金が違うのと同じ理由??

効果も同じで値段が安い消毒用エタノールIP

消毒用エタノールIPという消毒用アルコールはややお手頃価格。これはエタノールにイソプロパノールというアルコール添加物があり酒税がかからないため。「免税されたエタノール製剤」でエタノール濃度は80%前後で効果も文句なし!

新型コロナウイルス感染対策や日頃の殺菌・消毒にたっぷり使うなら、こちらのほうがお得ですね。ただし、ドラッグストアでは安いものからいち早く売り切れてしまうようで、新型コロナ状況下ではなかなか見つかりませんでした。

最近では、ネット販売も価格がとんでもない値段に跳ね上がっています。転売や不当な価格の品を間違って購入しないようにご注意ください。

【参考希望小売価格】〜健栄製薬
無水エタノール
500mL 1,720円(税抜)
エタノール
500mL 1,480円(税抜)
消毒用エタノール
500mL 1,330円(税抜)
消毒用エタノールIP
500mL(スプレー式) 1,180円(税抜)

要注意!「エ」と「メ」の一文字違いで命取り?

ドラッグストアのアルコール売り場で要注意です。価格の安い「燃料用アルコール」には、エタノールにメタノールも入っています。このメタノールは有害な劇物で、場合によっては命も落とすアルコールです。ホームセンターなどで「エタノール」と「メタノール」を間違えないようにご注意ください。「エ」は「ええ」けど、「メ」は「毒」です

エタノールはどんな性質ですか?

無水エタノール

わが家では消毒・殺菌以外に、エタノールを「防カビ」用途でスプレーしたり、年月が経った機器のラバーコーティングのベタベタ取りに使ったりしています。そのほか、エタノールの解説が中部経済産業局HPにあったので参考にしてまとめました。

  • 殺菌・消毒効果
  • 防カビにも有効
  • お酒の成分と同じで口に入っても安全
  • お酒と同じで酔います
  • 無色透明で芳香があり揮発しやすい
  • 火気厳禁!
  • よく燃え青白く見えにくい炎
  • 悪臭やすすを出さない
  • 油をよく溶かします
  • ベタベタになったラバーコーティング除去
  • ハッカ油と混ぜて虫よけスプレーにも
  • マイナス114度以下にならないと凍りません

くれぐれも、エタノールとメタノール(劇物)をお間違えなく!

まとめ

今回は、わが家で使っている「無水エタノール」を消毒用に希釈して使えるかどうか調べた際の情報を記事にまとめておきました。

新型コロナウイルス感染拡大で、なかなかマスクも入手できません。私もマスクを洗って使い回したり、エタノールをスプレーしたりしてどうにか凌いでいます。安倍首相が言っていた大量のマスクはどこに消えたのでしょうね。

テキストのコピーはできません。