招き猫発祥の地は「恋つづ」ロケ地?招き猫三昧のパワースポット

招き猫発祥の地といえば、関東では「世田谷・豪徳寺」とドラマ“恋つづ”ロケ地の「浅草・今戸神社」。さらに招き猫たちに出会える場所として、常滑や瀬戸の招き猫スポットから、横浜やドラマで会える招き猫情報もご紹介します。

いっぱいの招き猫に会える2つの招き猫発祥の地

関東で「招き猫発祥の地」といえば、世田谷の「豪徳寺(ごうとくじ)」と浅草の「今戸神社(いまどじんじゃ)」。どちらも幸せを招くパワースポットとして人気の場所です。

今回はドラマ「恋はつづくよどこまでも」で縁結びの願掛けをするロケ地にもなった東京・浅草の今戸神社から先にご紹介します。

浅草・今戸神社のペア招き猫

浅草・今戸 招き猫

浅草・今戸神社の招き猫

浅草・今戸神社 招き猫

縁結びの今戸神社

浅草・今戸神社 石なで猫

浅草・今戸神社の石なで猫

ドラマ「恋はつづくよどこまでも」で上白石萌音さん演じる七瀬が訪れる「縁結びのご利益がある神社」。このロケ地は実際に東京・浅草エリアにある今戸神社(いまどじんじゃ)で、縁結びで人気の神社。江戸時代に今戸焼(陶磁器)の招き猫が人気だったことからか、ここ今戸も「招き猫発祥の地」といわれています。

「石なで猫」の写真をスマホ待ち受けにして毎日眺め、お祈りすると願いが叶うといいます。特に良縁と恋愛成就には効果大ということです。今戸神社では、絵馬、おみくじ、お守り、御朱印帳、御朱印スタンプなど、あちらこちらで「ペアの招き猫」に出会えます

今戸神社:浅草七福神のひとつ福禄寿の神社。住所は東京都台東区今戸1-5-22

豪徳寺の招き猫たち〜招福猫児(まねぎねこ)

豪徳寺の招き猫

豪徳寺の招き猫たち

東京・世田谷にある「豪徳寺」は、「招き猫発祥の地」といわれています。

彦根藩二代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰りに“白い猫”に招かれて「豪徳寺」に立ち寄ったときに雷雨を免れたというお話。招猫殿のまわりには、数多くの招き猫が奉納されている。

豪徳寺では「招福猫児(まねぎねこ)」といい
招福猫児は右手を上げ、小判などを持たない
素朴な白い招き猫。

境内の五重塔には、ところどころに「招き猫」の彫刻があります。東照宮の眠り猫のような彫刻で、目を凝らして探してみるのも楽しいですね。また、招猫殿まわりの招き猫だらけスポットは圧巻。いったい何体の招き猫が奉納されているのか…。兎にも角にも、招き猫三昧の出会いスポットです。

日本一?気になる愛知県の招き猫スポット

日本一の招き猫の生産地である「常滑市(とこなめし)」をはじめ、日本最大の招き猫ミュージアムがある「瀬戸市(せとし)」は、どちらも愛知県の気になる招き猫スポットでした。

常滑市〜とこなめの見守り猫〜とこにゃん

愛知県常滑市 招き猫

常滑市/とこなめ見守り猫 とこにゃん

常滑焼で有名な愛知県常滑市は、日本最大級の招き猫の生産地。滑市栄町二丁目にある見守り猫「とこにゃん」は巨大な招き猫!なんと高さは約4メートル、幅は約6メートルもあるんです。下の通りから見上げると、巨大な猫が壁の上から覗いている感じ。駅のホームや電車からも見える招き猫スポットです。

下の通りは「招き猫通り」と呼ばれ、39体の「ご利益陶製招き猫」が並びます。39体それぞれに、縁結び、健康長寿、心願成就などいろんなご利益が込められているそうです。

日本最大「招き猫専門博物館」〜招き猫ミュージアム

招き猫ミュージアムは、日本全国から集められた招き猫 約5,000体を展示。招き猫好きならぜひ訪れてみたい博物館です。そもそも、招き猫愛好家からは「招き猫パワースポット」として親しまれているそうです。

招き猫ミュージアムは日本最大の招き猫専門博物館で、日本招猫倶楽部の世話役をつとめる板東寛司・荒川千尋夫妻の個人コレクションを展示。2004年までは群馬県吾妻群嬬恋村にあったものを移転したものです。

瀬戸物(せともの)の語源の地
日本有数の陶器「瀬戸焼」の生産地として知られる瀬戸市。陶器と磁器は本来違うものですが、日本で陶器を初めて本格的に焼いたのが瀬戸だった由来もあり、陶磁器一般を「瀬戸物(せともの)」と呼ぶようになった。
開館時間 10:00〜17:00
入館は16:30まで
休館日 火曜日 ※祝日の場合は開館
年末年始(12/29〜1/4)
料金 1F 無料
2F 招き猫ミュージアム 有料
・大人 : 300円
・大学生・高校生: 200円
・中学生以下: 無料
※20名以上団体は2割引
所在地 愛知県瀬戸市薬師町2番地
TEL.(0561)21-0345
公式サイト http://www.luckycat.ne.jp/index.html
企画運営  株式会社中外陶園

2020年2月1日(土)~3月2日(月)は「猫のひなまつり展」が開催されます。(出典:招き猫ミュージアム)

なんだか気になる招き猫を発見!?

横浜・関内のビルには開運猫?

横浜の関内のビルにも大きな招き猫が!通称「猫ビル」…らしいです。Googleストリートビューも一緒に貼っておきます。

横浜・関内のDEXビル招き猫

横浜・関内のDEXビル招き猫

映画・ドラマ『猫侍』の招き猫が気になる…

招き猫は手の挙げ方でご利益や意味が違う?右手・左手・両手の違いやカラーに関しての記事はこちら↓

招き猫の手の挙げ方の意味は?右手・左手・両手のひみつ←脚だけど
招き猫の手の挙げ方に種類があるのをご存知ですか。それには何か意味の違いがあるのでしょうか。左手を挙げた招き猫、右手を挙げた招き猫、両手を挙げた招き猫…。最近ではカラフル...

9月29日の「招き猫の日」。2月22日「猫の日」など、2020猫の日イベント3選[関東編]の記事もご覧ください↓

2月22日「猫の日」とは?2020猫の日イベント3選[関東編]
にゃんにゃんにゃんの語呂合わせで2月22日は「猫の日」。今年は「令和2年の2月22日」なので「にゃん×4(シアワセ)」ですね。平成22年の猫の日には、にゃんとぞろ目でお祝い気分...

まとめ

30年前は豪徳寺の遊歩道では夜な夜な猫たちが集会。夜中に通ると猫たちに囲まれて、ちょっぴり恐いながらも猫の世界にいるような不思議な気分になったことを思い出しました。みなさんもいっぱい「福」に出会えますように。

 

関連コンテンツ
テキストのコピーはできません。