三菱UFJ銀行が紙の通帳発行を有料化!手数料はいつから?再発行は?

2022年4月に三菱UFJ銀行は「紙通帳利用手数料」を新設。紙の通帳は廃止ではないが有料に!

口座開設で紙通帳を希望した場合や通帳の再発行、通帳繰越の場合など手数料についてわかりやすくご紹介します。

スポンサーリンク

紙通帳の有料化はいつからでいくら?

紙通帳利用手数料がかかるのは2022年4月1日(金)以降。新規開設する普通預金口座(含む総合口座)が対象で紙の通帳を利用の場合です。

〈以下の場合は対象外〉手数料はかかりません。
▪18歳未満もしくは70歳以上の個人
2022年3月31日(木)以前に開設した普通預金口座

手数料】年間550円(税込)

手数料は2月に口座から引き落とし。今まで無料だったので550円は高く感じてしまいますね。

スポンサーリンク

紙の通帳は廃止?

紙の通帳が廃止になるわけではありません。

通帳発行コストを抑え、デジタルサービスへの移行を促す取り組みで、無料のEco通帳(インターネット通帳)を勧めています。

Eco通帳は紙の通帳の代わりにスマホやパソコンで入出金を確認。明細は25ヶ月分見られます。さらに取引推移表を申込むと最長10年分の明細確認が可能に。

今なら切り替えキャンペーン実施中で1,000円もらえちゃう。気になる人は要チェック!

総額2億円先着20万名さま Eco通帳(インターネット通帳)に切り替えで1000円もれなくプレゼント! 2022年1/21(金)~5/31(火)

通帳の再発行の手数料はどうなる?

通帳再発行の手数料は4月以降も変わりません。

紛失・盗難による通帳の再発行は1件につき1,100円(税込)。

スマホアプリ「かんたん手続アプリ」を利用すると再発行手数料が550円(税込)。窓口・電話(1,100円)より550円もおトクでおすすめです。

通帳繰越に手数料はかかる?

気になったのが、通帳を使い切って4月1日以降に繰り越す場合

そもそも手数料はかかるの?

ホームページで調べても答えが探せなかったので、銀行に問い合わせてみました。答えは、

「今お使いの通帳の繰越に手数料はかかりません。」とのことでした。

ひとまず安心。でも流れによっては今後有料に変わることもあるかもしれませんね。ちなみに総合口座通帳は「通帳繰越」という表示のあるATMで繰越できます。

まとめ

三菱UFJ銀行で紙通帳に手数料がかかるのは4月1日以降に新規開設の口座で、手数料は年間550円でした。

通帳を有料化する動きは各銀行で始まっていて、紙の通帳からインターネット通帳への切り替えを勧めています。メリット、デメリットを考慮し利用状況に合わせて選んでみてはいかがでしょう。

テキストのコピーはできません。