高橋あず美キャッツでメモリー熱唱!出身校やドリカムとの経歴は?

蔦谷好位置さんが関ジャムでも生歌を絶賛して紹介してくれた小さな歌姫。日本語吹き替え版のグリザベラ役で歌う『高橋あず美』(たかはしあずみ)。映画キャッツの宣伝で日本テレビのスッキリに出演したときに心をつかまれました。

スポンサーリンク

日テレ「スッキリ」で生歌!高橋あず美さんとは?

映画キャッツの宣伝で、日本テレビの「スッキリ」にヴィクトリア役吹き替えの「葵わかな」さんと一緒に「高橋あず美」さんが出演。私は高橋あず美さんという方を知りませんでした。

『世界を魅了した歌声 スタジオ生披露』として、高橋さんがその場で立ち上がって生歌!パワフルで瞬殺で魅了されました。なんともスゴイ!ビデオを撮っておけばよかったと後悔したほどです。

スポンサーリンク

高橋あず美さんのプロフィールまとめ

身長147cmと小柄ながらも、歌声で瞬殺するほど魅力的な「高橋あず美」さんが、今までどんな活動をされていたのか興味津々!彼女のプロフィールをまとめてみました。〜参考:LinkedIn/公式サイト等

高橋あず美さんは、長野県松本市乗鞍高原育ち。高校卒業後に東京スクールオブミュージック専門学校(ソロヴォーカルコース)へ進学。ドリカムのバックコーラスでツアー参加した経歴の持ち主でした。

◆長野県松本市 乗鞍高原出身
◆高校卒業後に音楽専門学校へ進学
◆東京スクールオブミュージック専門学校(ソロヴォーカルコース)
◆2008年にDREAMS COME TRUEのバックコーラスとしてツアー参加/さいたまスーパーアリーナが初舞台
◆23歳よりソロ活動開始
◆2013年5月 1stアルバム「25 to 26」発売
◆2017年3月 2ndアルバム「ひとり言」発売
◆2017年12月 シングル「今だけ」メジャー発売

2018年6月に3週間のアメリカ旅行へ行き、NYの地下鉄でBEYONCEのListenという曲を歌った動画を Twitterにあげると一気に再生数が60万を越したそうです。

【高橋あず美】 NYの地下鉄でBeyonceのListenを歌う。

将来の夢はガチファンキーで超ハッピーなおばあちゃん!だそうです。
ドリカム以外にもYUKI、Chara、Superfly、三浦大知さんなどとのツアー、共演、レコーディング参加やTVCMソング歌唱などで活躍されてこられたそうです。ほかにも乗鞍高原観光大使として、地元の美しすぎる景色をインスタでUPしています。

高橋あず美 – いつかきっと( Official Video)

映画キャッツの名曲「メモリー」を高橋が歌う!

映画キャッツ吹き替え版に大抜擢されたという高橋あず美さん。グリザベラ役であの不朽の名曲「メモリー」を大熱唱するのです。瞬殺されたあの歌声の「メモリー」を映画館の大音響で感じてみたいと思います。

映画『キャッツ』日本語吹替え版の制作発表会見
日本語吹き替え版・制作発表の様子です。(公式動画)

『キャッツ』日本語吹替え版制作発表会見

映画キャッツ日本語吹き替え版が楽しみ

2020年1月24日(金)公開スタートの映画「キャッツ」!お目当ての劇場で吹き替え版の上映があるかどうかは確認してから出かけましょう。なんと世界で吹き替え版の制作が許可されたのは、日本とドイツだけだそうです。

日本語吹き替え版の音楽プロデューサーは蔦谷好位置(つたやこういち)さん。「関ジャム」でもおなじみの蔦谷さん、楽しみですね。

日本語吹替え版キャスト
・葵わかな/ヴィクトリア
・山崎育三郎/マンカストラップ
高橋あず美/グリザベラ
・秋山竜次(ロバート)/バストファージョーンズ
・森崎ウィン/ミストフェリーズ
・大貫勇輔/スキンブルシャンクス
・大竹しのぶ/オールドデュトロノミー

映画『キャッツ』日本版予告・公式動画
動画は字幕で、吹き替え版ではありません。

『キャッツ』日本版予告

映画『キャッツ』について

2020年1月24日(金)全国公開!

キャッツ公式サイトのイントロからの引用です。

世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔が遂に実写映画化!
『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督、さらに数々のミュージカルを成功に導いてきたアンドリュー・ロイド=ウェバーをはじめとした世界最高峰の制作陣が集結。
個性豊かな猫たちを演じるのは、世界的バレエダンサーのフランチェスカ・ヘイワード、グラミー賞受賞アーティストのテイラー・スウィフト、『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソン、そして名女優ジュディ・デンチ。
映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャストが競演を果たす、映画史に残る傑作がここに誕生。

まとめ

「アナ雪」とか「アラジン」などディズニーの実写化も含めて、ミュージカルや劇中歌で今まで知らなかったアーティストに歌声で魅了されることも最近増えてきているように感じます。歌が上手なだけではなく、その歌に表情や感情がさりげなく溢れ出る音楽が好きです。映画キャッツ吹き替えで初めて知った高橋あず美さんの今後の活躍に期待します。

テキストのコピーはできません。