人気のKAMIMURAトリュフバター!おすすめの味をレビュー

通販・お取り寄せもできる北海道ニセコのフレンチレストランKAMIMURAのトリュフバター。テレビで有吉さんが絶賛、口コミでも人気ですね。

芳醇な香りの贅沢なバターをスチームブレッドの生食パンにたっぷりと塗って。旨みが凝縮したリッチな味をレビューします。

スポンサーリンク

トリュフバターとは

トリュフバターとはバターと世界三大珍味のひとつであるトリュフを合わせたもの。パンにそのままつけたり、焼きたてのトーストに塗ればトリュフの芳醇な香りを堪能できるそうです。

トリュフも馴染みがない上にトリュフバターも初体験。セレブな頂きものに期待値バク上がり中。

そもそもトリュフとは?

高級食材として知られる「トリュフ」。トリュフはフランス語で「truffe」。きのこの一種で和名は西洋松露(セイヨウショウロ)。フランス料理などに使われる香り豊かな食材です。

キャビア、フォアグラとともに世界三大珍味と称され、希少価値が高く「黒いダイヤ」とも呼ばれます。庶民には馴染みがないシロモノですね…。

スポンサーリンク

KAMIMURA トリュフバター

トリュフバターというセレブなものを頂きました。初めての味をご紹介させてくださいね。

KAMIMURAトリュフバター 内容量85g

金色の缶、専用のオープナーもかわいい。

瓶のフタを開けるみたいにひねるのではなく、オープナーというのもこじゃれてませんか。

わぉ!!黒々とした細かなツブツブがびっしり。気分が上がっちゃいますね。

レストランKAMIMURAで「持ち帰りたい」と多くの要望を集めた人気の逸品だそう。北海道の厳選したバターとチーズに黒トリュフを練り込んで旨みを凝縮。ゆっくり乾燥させた十勝の高品質マッシュルームがのっています。

〈食べ方〉室温に10〜20分置いて柔らかくしてからパンにたっぷりと塗ってくださいね。

スポンサーリンク

トリュフバターの味は?

そもそもトリュフというものを数回しかいただいたことがありません。

その私が味を語るなどおこがましいにもほどがある。と、自分でも思うのですが。そこをあえて。トリュフバターの感想を言わせてください。

きつね色にトーストした『STEAM BREAD』の生食パンにトリュフバター。なんて贅沢♡
こちらの生食パンも絶品なのでおすすめです↓

トリュフは香りを楽しむ食材でほとんど味はないといわれますが、食べてみた感想は…。

初めての味。今まで食べたことのない味です。

形容がとても難しいのですが、きのこのような、生のマッシュルームのような青臭い香り。っていうかマッシュルーム入ってましたね(笑)

トリュフは「森や土のような香り」とか「木の皮の匂い」「きのこの香り」とも表現されるようです。土や木って…もう食べ物じゃないし。食品では他に類のない深い香りということでしょうか。

庶民の私は逆に、これを「芳醇な香り」というんだな、と学習しました。

トリュフバターのオムレツ

せっかくなのでオムレツにも挑戦!

いつものバターをトリュフバターで。黒いツブツブがわかるでしょうか。トリュフバターは火を通すと香りが逃げてしまうので手早く調理、フレッシュトマトソースを添えて…。

香りがトリュフで味はバターの旨みやコクがしっかり。とても贅沢な時間を楽しみました。大人の味をぜひ一度お試しあれ。

まとめ

人気のKAMIMURAトリュフバター!おすすめの味をレビューしました。

吟味を重ねて選び抜いた食材で作られたトリュフバター。お好みのパンやクラッカーにたっぷりと塗るだけで至福の味に。茹でたてパスタやオムレツなどの卵料理にもおすすめです。

自分へのご褒美やグルメなお友達へのプレゼントにもいかがでしょう。

テキストのコピーはできません。