秋田・岩手・青森でSuicaが使える?東北のJR改札でタッチ&ゴーできる日は2023年5月!

2023年5月27日の始発から青森・盛岡・秋田の北東北3エリアでSuicaが使えるようになります。

首都圏(関東圏)では交通系ICカードSuica(スイカ)やスマホに入れたモバイルSuicaで、改札をサッと通る風景が普通ですが、今まで北東北では使えませんでした。

今回の記事は、秋田県・岩手県・青森県の北東北エリアでのSuica対応に関しての最新情報まとめです。

全国に利用エリアを拡大しているSuicaは、2022年時点で西日本でも利用可能。ICOCAやPiTaPaエリアでSuicaが使えます。ただし、ICOCAエリアやPiTaPaエリアでは、オートチャージやエリアをまたがった移動ができないなど制限がありますね。

スポンサーリンク

今まではSuicaで改札を通れなかった?

関東圏から東北にかけて移動するときに気になる東北エリアのSuica対応。エリアをまたぐ東北新幹線や秋田新幹線では「新幹線eチケット」を「Suica」や「モバイルSuica」と紐付けてタッチ&ゴーで利用できますが、2022年時点では在来線での交通系ICカードとしてSuicaは使えない状況でした。

2023年までの状況まとめ】

  • 新幹線eチケットならSuica紐付けで使える
  • 在来線ではSuicaは一切使えない
  • Suicaでのお買い物はできる
  • 秋田・岩手・青森のバス利用
スポンサーリンク

秋田・岩手・青森でSuicaが使えるようになる

ニュースリリースより

秋田・岩手・青森県の3エリアで、乗車や定期券にもSuicaが2023年5月27日(土)始発から自動改札で使えるようになります。※一部は簡易Suica改札機です。

新たなSuicaエリアでは新改札システムが採用されるようで、運賃計算などをセンターサーバーに集約するそうです。(よくわかりませんが、クラウド化だそうです)

新たにSuica利用できるようになる北東北3エリア

新たにSuica利用ができるようになる北東北の駅は下記の通り。

乗車も定期券もSuicaでタッチ&ゴーできますが、3エリアともエリア内完結が条件で、エリアをまたがっての移動には利用できないとのこと。

対象エリア線名対象駅
青森
10駅
奥羽本線
(弘前~青森)
弘前、撫牛子、川部、北常盤、浪岡、大釈迦、鶴ケ坂、津軽新城、新青森、青森
盛岡
18駅
東北本線
(北上~盛岡)
北上、村崎野、花巻、花巻空港、石鳥谷、日詰、紫波中央、古館、矢幅、岩手飯岡、仙北町、盛岡
田沢湖線
(盛岡~雫石)
大釜、小岩井、雫石、前潟(新)
釜石線
(花巻~新花巻)
似内、新花巻
秋田
17駅
奥羽本線
(和田~追分)
和田、四ツ小屋、秋田、泉外旭川、土崎、上飯島、追分
男鹿線
(追分~男鹿)
出戸浜、上二田、二田、天王、船越、脇本、羽立、男鹿
羽越本線
(新屋~秋田)
新屋、羽後牛島

まとめ

Suicaを使い始めると移動がとっても便利になります。またSuicaをスマホに入れていけば、スマホをかざすだけで改札を通過できるのでとってもスムースです。

「モバイルSuica」の始め方はJR東日本公式サイトで。

「タッチでGo!新幹線」は、きっぷを買うために窓口に並ぶ必要がないサービス。新幹線自由席等をご利用の際に予約不要でモバイルSuicaやSuicaなどの交通系ICカードのチャージ残額で乗車できます。設定の仕方はこちらで。

「新幹線eチケット」は、きっぷ受取不要で紐付けた交通系ICカードやモバイルSuicaで東北、北海道、上越、北陸、山形、秋田新幹線に乗車できるサービスで「えきねっとトクだ値」が使えておトク。詳しくはこちらで。

はじめて新幹線eチケット使ってみたよ

大曲の花火大会2022(夏)に先だって、初めて新幹線eチケットを利用した様子を写真でレポートしました。[新幹線eチケットで行く大曲の花火]もご覧ください。

テキストのコピーはできません。