スポンサーリンク

不要不急の外出とは?自粛が要請されている「今じゃないでしょ!」

小池都知事を始め各県知事が外出制限を呼びかけていますが、不要不急の外出を控えるとはどういうことをいうのでしょうか。

自分や周りの大事な人たちを守る大切な行動。不要不急の外出についてわかりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

「不要不急」の定義は?

小池都知事の会見〈2020.4.3〉よりまとめました。

「不要不急」とは読んで字のごとく、今日行かないといけないのか明日行かなくてはいけないのかという観点からの仕分けです。

最近の例ではお葬式でも感染。コロナというのはそんな場面でも人の足を止めるのかと思います。

週末の外出については、その日でないとだめなのか、生命にかかわることなのかを考えてほしい。病院や薬が必要なかたはいらっしゃると思います。と、それぞれの自身の事情による冷静な判断を促していました。

スーパー、コンビニは行ってもいい

スーパー、コンビニに行ってその日の食材を買うのは普通に行ってもいいそうです。食材は普通に売っているので買いだめは不要。仕分けして判断していただきたい。とのこと。

もう数ヶ月、薬局でマスクを見ていません。今もマスクを求めて早朝から長蛇の列が…。トイレットペーパーやティッシュペーパーを求めて探し回ったのも記憶に新しいです。

先行きの見えない不安で焦る気持ちはありますが、今こそ冷静な行動が必要なのかもしれません。

キーワードは『Stay Home』

世界中のキーワードは『stay home』家にいてね

ぜひともご協力いただきたい。と小池知事は結びました。

東京都が要請した4つの行動
●屋内・外問わずイベントの参加は控える
●平日はできるだけ自宅で仕事を行う
●週末の不要不急の外出を控える
●夜間の外出を控える

ニュージーランド警察がツイッターで呼びかけて話題に!

“ 歴史上で初めて、テレビの前で寝っ転がって何もしないだけで、人類を救えるんだ。ヘマするなよ。”
〈ニュージーランド警察の公式ツイッターより〉

その後も繰り返し「家にいるだけで命が救える」等の投稿を。ユーモアたっぷりのメッセージに多くの人々が賛同しています。

これには「ラジャー!任務遂行します!」と答えるしかないですね。

まとめ

不要不急の外出は「今じゃないでしょ!」と改めて思いました。一人ひとりの行動がみんなの命を救うことに繋がります。

感染拡大防止に向け、私たちにできることは必要以上の外出を避けること。まずは自分にできることから。この異常な事態が収束して平穏な日々が早く訪れますように。

テキストのコピーはできません。