大曲の花火-冬の章-2019 イベント日程!ゲレンデの花火競技会

写真提供:大仙市

毎月1回は花火があがるという秋田県大仙市(だいせんし)は花火の街。歴史のある最大級の夏の競技花火大会だけでなく、最近は春・秋・冬も加わった四季の花火大会が開催されています。

春・夏・秋の会場は大曲(おおまがり)雄物川河川敷ですが、冬だけは「大曲ファミリースキー場」での開催。大曲駅から徒歩では行けないので注意してくださいね。

この記事は「冬の章」についてです。
2019年8月 夏の大曲花火はこちら↓

大曲の花火大会2019夏!行く前に知っておきたい7つの注意点
夏の全国花火競技大会「大曲の花火(おおまがりのはなび)」は、毎年約80万人の人々が訪れる日本三大競技花火大会のひとつ。一流の花火師たちがプライド...
大曲の花火2019夏!河川敷駐車場はテントも車中泊も禁止に?
2019大曲の花火大会は河川敷駐車場でテント設営&花火鑑賞できるので、全国のキャンピングカーや車中泊の人にも人気。ところが今年は駐車場でのテント設営や車中泊が禁止に…。

大曲の花火〜冬の章〜の日程と内容は?

1992年からNPO法人大曲花火倶楽部が主催してきた競技会を引き継いで「大曲の花火-冬の章-新作花火コレクション2019」として開催。

開催日:2019年3月23日(土)
時間:18:30〜20:00 開場15時予定
場所:大曲ファミリースキー場(秋田県大仙市)

2019大曲の花火-冬の章-新作花火コレクションPV

上の動画は「大曲の花火-冬の章-」の公式PVです。若手花火師たちの新たなるチャレンジにエールを送る冬の祭典。雪原で繰り広げられる熱い戦いを、ぜひ感じてください。

以下はPVよりメッセージ抽出してみました。

全国から選ばれし
新進気鋭の若手花火作家による
新たなる挑戦
輝く星に全てを注ぎ
精魂込めて仕立て上げる
磨き上げた技とアイデアが
高いオリジナリティの輝きを放つ
渾身の力作が
残雪広がるゲレンデに咲き競う
澄み切った夜空に打ち上がる
きらびやかな造形
冬山にこだまする
リズミカルな開花音
花火作家の想いが込められた光の芸術が
夜空のキャンパスに描かれる
次世代の担い手たちの戦いが今年も始まる

若手花火師の新作花火のプレゼンテーション!

写真提供:大仙市

「大曲の花火〜冬の章〜2019」は全国の若手花火師(花火作家)の技術向上と、次世代を担う花火師の育成を目的として始まった競技会。全国から選抜された若手花火師が新作花火を発表し、来賓・審査員が審査するイベントなんです。

春・夏・秋より打上本数も小規模ですが、花火師の紹介や花火の説明を挟んで作品を打ち上げる構成。花火師が魂を込めた作品のプレゼンテーションを、存分に楽しみましょう。

技術的にも製造が難しいとされる小玉(4号玉 10発、5号玉 5発)を打ち上げて、創造性の高さを審査するものです。

冬のゲレンデは空気も澄み渡り、美しい花火を鑑賞できます。規模は小さいですが、年々人気が高まってきているようですね。

競技方法のご紹介

全国から選抜された若手花火師(花火作家)が、最新の花火作品を出品します。4号玉(4寸) 10発、5号玉(5寸) 5発の合計15発を組み合わせてひとつのテーマを構成し、自分なりの表現をするのが課題。

4号玉:直径12cm 開花時直径 約120メートル
5号玉:直径15cm 開花時直径 約160メートル

審査基準[1]テーマ表現
それぞれの作品テーマが表現された花火かどうか。テーマとの関連性が薄ければ得点は伸びません。作品の独創性や表現力が評価されます。

審査基準[2]技術
花火単体の技術評価。昇り曲導、リズム感、形状、色づかい、バランス、難易度などを審査。

審査基準[3]安全性
打ち上げる高さは適切か、地上に火の粉など落ちてこないかなど、安全性を審査。危険な打上は失格となります。

審査加味[α]観客の歓声など
観覧者の歓声や拍手も得点の対象。審査員になったつもりで楽しみましょう。

今年2019から主催がNPO法人大曲花火倶楽部から「大曲の花火 実行委員会」に変更になっています。上記の審査方法やイベントの進行方法など変更になっているかもしれません。

残雪のあるスキー場の夜は冷え込みます

会場は残雪もあるスキー場です。さらに夜は冷え込みますので防寒対策を忘れずに。また、イベント前日・当日の天候によっても服装を考えて風邪などを引かないように。

下に秋田県大仙市のピンポイント天気予報パーツを貼っておきます。今現在から一週間の天気予報(18時)です。※スキー場ピンポイントの天候ではありません。(AMPの場合は表示されません)

大曲の花火-冬の章-2019の概要

大会名称 大曲の花火-冬の章-
「新作花火コレクション2019」
開催日 2019年3月23日(土)
時間 18:30〜20:00(開場15時予定)
開催場所 秋田県大仙市
大曲ファミリースキー場
(大仙市内小友字中沢地内)
打上予定数 約1,000発
料金
※税込
当日/有料自由観覧エリア
 入場料のみ 1,000円
前売り/有料パイプイス観覧エリア

 パイプイス席券2,000円(入場料込)
※すべて小学生以上は有料となります。
※小学生未満は保護者同伴に限り入場可。
※席が必要な場合はチケット要
※チケットは現金でのご購入となります。
当日有料席 イス席の残がある場合は、観覧会場入場口で販売。別途入場料1,000円がかかります。
主なプログラム
※内容変更の場合あり
1. オープニング花火
2. 25人による競技大会
3. 大玉割物花火競演
4. インターバル花火
5. フィナーレ花火
天候 雨天決行
※危険な荒天の場合は順延あり
アクセス JR大曲駅から車で約15分
秋田道大曲ICから車で約5分
入場ゲートから会場までは徒歩
駐車場
交通規制
近隣一般駐車場あり
マップ参照(リンク)
コンビニ前売り
※税込
2019/3/18(月)23:59まで発売
パイプイス席券:2,000円(入場料込)
■ローソンチケット Lコード:21404
■チケットぴあ Pコード:641-215
■イープラス http://eplus.jp/oomagari/
大曲での前売り
※税込
2019/3/22(金)まで発売
パイプイス席券:2,000円(入場料込)
■大曲商工会議所2階(窓口)
営業時間:9:00〜17:00
(土日・祝日を除く)

■JR大曲駅2階観光情報センター
営業時間:9:00〜17:00
(土日・祝日も購入可)
※チケット販売は現金のみ
※購入後の変更・キャンセル・返金等なし

内容は変更になる場合もあり。参考:大曲の花火 公式サイト 

トリバゴで宿泊プランを一括比較
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』は旅行先と日付を入力するだけで、いろんな宿の宿泊プランが一度に比較できるので便利です。

大曲の花火─冬の章─新作花火コレクション
駐車場・交通規制マップ
観覧エリア会場配置図
(クリックで大きく表示)大曲の花火 公式サイトへリンク
大曲の花火-冬の章-アクセスマップ

大曲ファミリースキー場

まとめ

日本の花火の繊細な技術を受け継ぎ、腕を磨き、進化させ未来へつなげる若手花火師たち。私たちができることは、若い花火師たちを暖かく見まもり応援することだと思います。

技術とアイデアを競い合う「冬の章」。夏の大曲の花火の大舞台で「大会提供花火」を担う花火師がここから育っていくのかも知れませんね。

花火鑑定士になったつもりで、花火の良さを審査しながら楽しんでみてはいかがでしょう。

関連記事(春のイベント)
大曲の花火-春の章-2019 日程と見所!5月の秋田で世界の花火
新元号に変わり初めての大曲の花火〜春の章〜2019の日程が決定。海外花火業者と日本トップクラスの花火師が競演して次々と魅せる、類を見ない花火大会。

 

テキストのコピーはできません。